【2級取得者が解説】未経験者必見!独学でFP試験に合格する方法

この記事には広告を含む場合があります。

【2級取得者が解説】未経験者必見!独学でFP試験に合格する方法

金融の世界は複雑で、初見ではなかなか理解しづらい項目が多くあります。特に、FP(ファイナンシャルプランナー)の資格取得を目指す際、多くの人が「独学で本当に合格できるのだろうか?」という疑問を抱きます。

  • FPは独学で勉強して理解できる?
  • どんな人ならFPを独学で合格できる?
  • どのような勉強をすれば合格できる?

しかし、適切な学習方法と戦略があれば、独学でも合格は可能です。私自身、専門学校の通信講座を活用してFP2級合格を果たしましたが、時間を確保できるならば、独学でも可能だと感じました。

この記事では、FP試験の独学における具体的な学習法、効果的な資料の選び方、そして学習のモチベーションを維持するコツを紹介します。FP資格取得後の多様なキャリアパスや、専門性を活かしたキャリア構築のヒントも提供します。

読者の皆さんには、この記事がFP試験の独学における明確な道しるべとなり、資格取得後のキャリア展望を広げる一助となることでしょう。最終的には、FP資格があなたの金融分野における専門性とキャリアを大きく前進させる鍵となることを確信しています。

FP試験とは?

FP資格の概要

ファイナンシャルプランナー(FP)とは、お金に関する専門家のことです。FP資格は、お金に関する幅広い知識を証明する資格で、家計の管理、保険、投資、税金などについてアドバイスができる能力を示します。この資格を取得することで、個人の資産管理やライフプランの設計など、お金に関わる専門的なアドバイスを提供できるようになります。

たとえるとFP資格取得者は、お金の「ドクター」のようなものです。お金の健康状態を診断し、適切なアドバイスを通じて、より良い財政状態を維持するのを助けます。FP資格のメリットについては、【FP2級取得の経理が解説】FP資格のメリットを徹底解説!知らなきゃ損の記事で解説しています。

FP3級は、2024年よりネット試験(CBT試験)が開始し、日程を選べるようになりました。詳細は、きんざいの試験は【2023年11月開始】きんざいFP3級ネット試験の申込・持ち物を解説、日本FP協会の試験は【申込画面付きで解説!】CBT方式で合格!FP協会ネット試験完全ガイドで解説しています。

各級(3級、2級、1級)の特徴と難易度

FP資格は3つのレベルに分かれています:3級、2級、1級です。それぞれのレベルには異なる特徴と難易度があります。

  • 3級: 基本レベルで、ファイナンシャルプランニングの基礎をカバーします。お金の管理や保険、税金の基本的な知識について学びます。比喩としては、お金の管理に関する「高校生レベル」の知識といえます。初心者でも比較的取得しやすい資格です。
  • 2級: より高度なレベルで、3級よりも深い知識が要求されます。資産運用や税務計画、リスク管理など、もっと複雑なトピックを扱います。これはお金の管理に関する「大学生レベル」の知識に相当し、より専門的な内容になります。
  • 1級: 最も高度なレベルで、専門家としての高い知識と技能が求められます。ここでは、個々の顧客に合わせた詳細なファイナンシャルプランの作成能力が必要です。これは、お金の管理に関する「大学院レベル」の知識であり、FPの中でも特に専門性が高いとされています。

各級の難易度は、基礎から専門性が高いものへと段階的に上がっていきます。3級は入門レベルで、基本的な知識を身につけることができます。2級と1級では、より深い理解と専門的なスキルが求められ、勉強量もそれに応じて増えます。

ですから、独学で学ぶ場合は、自分の現在の知識レベルや学習目的に合わせて、どのレベルから始めるかを選ぶことが重要です。

どの級から受験するべきかは、【FP2級合格者が教える】FPスタートガイド:何級から挑戦すべき?で解説しています。

独学のメリットとデメリット

独学で学ぶメリット

FP試験の独学には、いくつかの大きなメリットがあります。

  • 柔軟な学習スケジュール: 独学では、自分のライフスタイルやペースに合わせて学習計画を立てられます。たとえば、朝型人間であれば朝に集中して学習することができ、夜型人間であれば夜遅くまで勉強することが可能です。
  • コスト削減: 通学や通信教育コースに比べ、教材費だけで済むため、学習にかかる費用を大幅に削減できます。
  • 自己学習スキルの向上: 自分で教材を選び、スケジュールを管理し、問題を解決する能力が自然と身につきます。これはFP試験だけでなく、今後のキャリアにおいても有益なスキルです。

独学で学ぶデメリット

一方で、独学には以下のようなデメリットも存在します。

  • 教材選びの難しさ: どの教材が最適かを判断するのが難しいことがあります。
  • 学習の孤立感: 周りに同じ目標を持つ仲間がいないため、モチベーションの維持が難しくなりがちです。
  • 疑問点の解決が難しい: 学習中にわからないポイントが出てきたとき、教えてくれる人がいないので解決に時間がかかることがあります。

これらのデメリットを許容できるかどうかは、各自の学習スタイルによります。

独学合格に向いている人

独学での合格に向いているのは、以下のような特徴を持つ人です。

  • 自己管理が得意な人: 自分で計画を立て、それに従ってコツコツと勉強できる人。
  • 自主的に学べる人: 自分から進んで学習し、新しいことを学ぶのが好きな人。
  • 基礎的な知識がある人: 金融や経済に関する基本的な知識があると、独学での学習がスムーズに進むことが多いです。

独学の挑戦点と解決策

独学のデメリットは上記の通りですが、以下の解決策を用いることが可能です。

  • 適切な教材の選定: 専門書店のスタッフに相談するか、オンラインのレビューや専門フォーラムを利用して、初心者に適した教材を選びましょう。
  • オンラインコミュニティの活用: 同じ目標を持つ人たちと交流できるオンライングループに参加して、孤立感を解消し、疑問点を共有しましょう
  • 計画的な学習スケジュール: 自分のライフスタイルに合わせて、リアルな学習計画を立て、それを守るようにしましょう。また、定期的に進捗を確認し、必要に応じて計画を調整することが大切です

必要な勉強時間とスケジュール

各級ごとの勉強時間の目安

FP試験の各級ごとに必要な勉強時間は異なります。スタディングHPによると、FPの勉強時間は以下が目安となっています。

勉強時間学習期間(1日2h勉強)
FP3級80~150時間40~75日
FP2級150時間~300時間75日~150日

この勉強時間はあくまでも目安であり、個人の学習スピードや基礎知識によって変わります。

効果的なスケジュール計画法

効果的なスケジュールを立てるには、以下のステップが有効です。

  1. 現在の生活スタイルを理解する: 自分の日常生活の中で、どれくらいの時間を勉強に割り当てることができるかを考えます。仕事や家庭の事情を考慮に入れ、無理のないスケジュールを作成します。
  2. 目標設定: 試験日までの期間を確認し、それに合わせて目標を設定します。例えば、「2ヶ月でFP3級の勉強を終える」などの具体的な目標が有効です。
  3. 計画の細分化: 目標を小さなステップに分け、週ごとや日ごとの学習計画を立てます。例えば、「今週は○○の章を終える」「今日は△△ページまで読む」などです。
  1. これらのステップに沿って計画を立て、実行することで、独学でも効率的に学習を進めることができるでしょう。その際の注意点は以下の通りです。
  • 柔軟性を持たせる: 予定通りに進まないこともありますので、スケジュールにはある程度の柔軟性を持たせます。
  • 進捗の確認と調整: 定期的に進捗状況を確認し、必要に応じて計画を調整します。
クロマル
クロマル

特に社会人の学習スケジュールには、2週間に1日程度の予備日を設定しましょう。

教材の選び方とおすすめリソース

有効なテキストと問題集の選定基準

FP試験の独学において、適切な教材の選択は非常に重要です。

  • 最新の情報を含んでいるか: 法律や制度は頻繁に変わりますので、最新の情報を含む教材を選ぶことが重要です。
  • 初心者にも理解しやすいか: 専門用語が多すぎず、基本的な内容から丁寧に説明している教材が望ましいです。
  • 豊富な例題や演習問題が含まれているか: 実際の試験と同じ形式の問題が多く含まれていると、試験対策として効果的です。
  • 口コミや評判が比較的良いか: 他の受験者のレビューや評価も参考にしましょう

初心者向けの推奨教材一覧

初心者におすすめの教材を以下にリストアップします。

  • 『みんなが欲しかった! 』シリーズ: 基本的な知識からわかりやすく解説しており、人気のシリーズ。
  • 『精選』シリーズ(きんざい): 詳細な解説と豊富な例題が特徴。実技試験対策も豊富に含まれてる。

これらの教材は、初心者がFP試験の基礎から応用まで学ぶのに適しています。しかし、最終的には自分の学習スタイルや目標に合った教材を選ぶことが大切です。

僕のおすすめは、きんざいの問題集です。理由は、きんざいの実技試験に特化しているのと、最新情報が織り込まれているからです。【厳選】きんざい FP2級対策におすすめの問題集を徹底比較!で詳細解説しています。

テキストについては、【FP2級合格者が紹介!】テキストは必要?きんざいFP試験対策におすすめテキストと使い方で解説しています。

勉強法と学習のコツ

効率的な学習法の紹介

FP試験の勉強においての効果的な学習方法を紹介します。

  • 分割学習法: 大きな内容を小さな単位に分割して学習します。例えば、一つの大きな章を複数のセクションに分け、それぞれを別の日に学習します。
  • 繰り返し学習: 同じ内容を時間を空けて繰り返し学習します。これにより、記憶の定着が促進されます。
  • アクティブ・ラーニング: 単に読んだり聞いたりするだけでなく、積極的に内容を処理します。例えば、自分で問題を解いたり、要点をまとめたりすることです。

インプットとアウトプットのバランス

学習におけるインプット(情報の吸収)とアウトプット(情報の活用)のバランスは非常に重要です。

基本的には、アウトプットをメインにすることがおすすめです。

  • インプット: テキストを読んだり、講義動画を見たりして新しい情報を得る
  • アウトプット: 学んだ内容を使って問題を解く、または他人に説明する。

効果的な学習のためには、これら二つのバランスを取ることが重要です。インプットだけでは知識が定着しづらく、アウトプットだけでは新しい知識が得られません。したがって、学習した新しい情報(インプット)を定期的に使って問題を解いたり、要約したりする(アウトプット)ことで、知識を深め、記憶に定着させることができます。

効率的な学習を行う際の注意点は、インプットを完ぺきにしてからアウトプットをする、というような完璧主義の発想を持たないことです。試験問題への解答というアウトプットが最終目標のため、インプットでざっと内容を理解したらアウトプット(問題集)中心の学習を行うことが効率的です。

法改正情報への対応

法改正情報の追跡方法

FP試験の学習において、法律や制度の改正情報を追跡することは非常に重要です。以下に、法改正情報を効果的に追跡する方法を紹介します。

  • 公式ウェブサイトのチェック: 日本FP協会や金融財政事情研究会(きんざい)などの公式サイトは、法改正に関する最新情報を提供しています。これらのサイトを定期的にチェックすることで、最新の情報を得ることができます。
  • 関連ニュースのフォロー: 経済や金融に関するニュースサイトや新聞を利用して、最新の法律や政策に関する情報を得ます。
  • オンラインフォーラムやSNSの活用: 専門家や他の受験生と交流するオンラインフォーラムやSNSを利用することで、法改正に関する情報交換ができます。

最新情報を取り入れる重要性

法改正情報を常に最新の状態で把握しておくことは、以下の理由から重要です。

  • 試験内容の正確性: 法律や制度の改正は、FP試験の内容に直接影響します。最新の情報を把握しておくことで、試験で出題される内容に対応できます。
  • 実務適応性: FPとして実務に携わる際、最新の法律や制度に基づいてアドバイスを行う必要があります。試験の準備を通じて最新の情報を得ることは、実務における正確な知識の基盤となります。
  • 信頼性の確保: 最新の情報に基づいて学習することは、専門家としての信頼性を確保する上で重要です。

法改正情報への対応は、FP試験の独学において欠かせない部分です。最新情報を追跡し、それを学習に取り入れることで、試験の成功だけでなく、将来の実務においても役立つ知識を身につけることができます。

先ほど紹介したきんざいのテキストは、最新法令関連の記載も豊富なため、特に実技試験対策では一押しの教材となります。【FP2級合格者が紹介!】テキストは必要?きんざいFP試験対策におすすめテキストと使い方

試験対策:過去問と模擬試験

過去問題の活用法

過去問題を活用することは、FP試験の独学において非常に効果的です。以下にその活用法を紹介します。

  • 試験傾向の把握: 過去問を解くことで、試験の形式や出題されるトピックの傾向を理解できます。これは、スポーツ選手が以前の試合の映像を見て相手の戦術を学ぶのに似ています。
  • 実戦的な練習: 実際の試験と同じ環境を作り、時間を測って過去問を解くことで、試験のプレッシャーに慣れることができます。これは、本番のマラソンレースに備えて、実際のコースで練習するランナーに似ています。
  • 弱点の特定と克服: 過去問を解いて間違えた箇所を分析することで、自分の弱点を明確にし、それを克服するための学習を重点的に行えます。これは、料理で失敗した部分を特定して、その技術を改善するのに似ています。

模擬試験の役割と利用方法

模擬試験を利用することも、試験対策として非常に重要です。

  1. 実践的な試験体験: 模擬試験を受けることで、実際の試験と同様の経験を積むことができます。これは、本番の演奏会前にドレスリハーサルを行う音楽家に似ています。
  2. 時間管理の練習: 模擬試験では実際の試験と同じ時間制限が設けられているため、時間内に問題を解く練習ができます。これは、時間内に特定のタスクを完了するためにタイムマネジメントを学ぶことに似ています。
  3. 自信の構築: 模擬試験で良い結果を得ることは、試験当日に向けての自信を構築するのに役立ちます。これは、試合前に行う練習試合で良い成績を収めることが、選手の自信につながるのに似ています。

過去問と模擬試験を効果的に活用することで、試験の内容と形式に慣れ、試験当日に最高のパフォーマンスを発揮するための準備が整います。それぞれを周期的に繰り返し行い、着実にスキルアップを目指しましょう。

スタディングの通信講座は、講義のセットの中に模擬試験の問題も含まれています。講座価格も業界最安の為、検討の余地はあります。【5千円以下】スタディングFP3級講座で最安でスキマ時間に合格!(口コミ9選紹介)で解説しています。

モチベーション維持のための戦略

学習モチベーションを保つ方法

FP独学中にモチベーションを維持することは、長期間の学習を続ける上で重要です。以下に効果的な方法を紹介します。

  • 小さな目標の設定: 大きな目標を小さなステップに分割し、それぞれの達成を目指します。例えば、一週間に一章を終わらせるなどの目標です。
  • 報酬システムの導入: 学習の目標を達成した際に自分自身に報酬を与えることで、モチベーションを維持できます。たとえば、一定の範囲を学習したら好きな映画を見るなどです。
  • 進捗の記録と共有: 学習の進捗を記録し、友人や家族、オンラインコミュニティで共有することで、達成感と責任感を持つことができます。

スランプ時の対処法

学習中にスランプに陥ることは誰にでも起こり得ます。以下にスランプ時の対処法を紹介します。

  1. 休息を取る: 長時間の勉強による疲れがスランプの原因の一つです。必要なら、短期間の休息を取ることが重要です。これは、長距離走るランナーが途中で休憩を取るのに似ています。
  2. 学習方法の見直し: 現在の学習方法が自分に合っていない可能性があります。他の学習方法を試すことで、新たな刺激とモチベーションが得られることがあります。これは、飽きた料理に新しいレシピを取り入れるのに似ています。
  3. 他者との交流: 友人やオンラインコミュニティと学習の悩みを共有することで、新たな視点や励ましを得ることができます。これは、仕事で行き詰まった時に同僚に相談するのに似ています。

これらの方法を通じて、学習のモチベーションを維持し、スランプを乗り越えることが可能です。自分に合った方法を見つけ、学習を継続することが重要です。

合格後のキャリアパスと活用法

FP資格取得後のキャリア選択肢

FP資格を取得した後に開かれるキャリアの道は多岐にわたります。以下に、主な選択肢を紹介します。

  1. 個人の財務アドバイザー: 個人のクライアントに対して、資産管理やライフプランニングなどのアドバイスを提供します。これは、個人の健康を管理する家庭医に似ています。
  2. 金融機関での勤務: 銀行や証券会社、保険会社などで、顧客の資産管理や金融商品のアドバイスを行います。これは、専門店の店員が商品の専門的な知識を活かして顧客にアドバイスをするのに似ています。
  3. 企業の財務部門での勤務: 企業の財務部門で働き、社内の資金管理や財務計画の策定を行います。これは、会社の健康を守る社内医のような役割です。
  4. 教育・執筆活動: FP関連の教育機関で講師として活動したり、専門書やコラムなどの執筆を行います。これは、自分の知識を生かして他者を教育する教師の仕事に似ています。

資格を活かすためのヒント

FP資格を最大限に活かすためには、以下のヒントが有効です。

  1. 継続的な学習: 金融の世界は常に変化しているため、最新の知識を常に学び続けることが重要です。これは、医療分野で常に最新の治療法を学ぶ医師に似ています。
  2. ネットワーキング: 他のFP専門家や関連業界の人々とのネットワーキングを通じて、新たな機会を見つけたり、知識を共有したりします。これは、ビジネスの世界での交流会に参加して人脈を広げることに似ています。
  3. 専門性の開発: 特定の分野での専門性を深めることで、専門家としての価値を高めることができます。例えば、退職金の管理や相続計画などの特定分野です。これは、料理人が特定の料理のスペシャリストになることに似ています。

FP資格は多様なキャリアパスを提供し、専門性を活かす多くの機会を提供します。資格取得後は、自分の興味と市場のニーズを考えながら、最適なキャリアパスを選択しましょう。

よくある質問と回答

FPの独学に関連する質問に対する、わかりやすい回答をまとめました。

Q1: FP試験の独学は本当に可能ですか?

回答: はい、可能です。FP試験の合格には、関連する知識の理解と適切な試験対策が必要ですが、これらは独学でも十分に達成できます。ただし、効果的な学習計画と自己管理が必要です。

Q2: 独学のための最適な学習計画はどのようなものですか?

回答: 最適な学習計画は個人によって異なりますが、一般的には、毎日または週に数回、一定時間を学習に割り当てる計画が効果的です。計画には、具体的な目標と進捗チェックのポイントを含めると良いでしょう。

Q3: FP試験のための学習資料を選ぶ際のポイントは何ですか?

回答: 学習資料を選ぶ際には、最新の情報を含む教材を選び、初心者にも理解しやすい内容であることを確認してください。また、豊富な例題や問題集が含まれているかも重要です。これは、新しい料理を学ぶ際に、最新のレシピ本を選ぶことに似ています。

Q4: FP試験の勉強で効率を上げるにはどうすればいいですか?

回答: 効率を上げるためには、分割学習法、繰り返し学習などの学習方法を採用すると良いでしょう。また、定期的な休息と自分の進捗に合わせて学習計画を調整することも効果的です。

まとめ

FP(ファイナンシャルプランナー)の資格は、学習スケジュールの設定および実行を確実にこなせるなら、独学でも取得可能です。FP3級から始まり、2級、1級へと進むにつれ、専門性が高まります。効率的な学習方法には、具体的な目標設定、小分けの学習、繰り返し学習等があります。

また、過去問の解析や模擬試験の活用が重要です。学習のモチベーションを維持するために、小さな達成点を設定、進捗を可視化し、学習のルーチンを確立します。資格取得後のキャリアパスとして、個人の財務アドバイザー、金融機関での勤務、企業の財務部門での役割などがあります。継続的な学習と専門性の開発がキャリア発展には不可欠です。

重要なポイントは以下の通りです。

  • FP3級から1級へと進むにつれ、専門性が高まる
  • 効率的な学習には具体的な目標設定と繰り返し学習が重要
  • 過去問と模擬試験を活用する
  • 学習モチベーションを維持し、キャリアパスにつなげる
  • 活用には資格取得後も継続的な学習と専門性の開発が重要

より確実に合格を行うには、通信講座を利用するのがおすすめです。【3万円以下】スタディングFP2級講座を活用してスキマ時間で合格する方法(口コミ7選紹介)!記事で、スタディングの通信講座の特徴について解説しています。