【3万円以下】スタディングFP2級講座を活用してスキマ時間で合格する方法(口コミ7選紹介)!

この記事には広告を含む場合があります。

【3万円以下】スタディングFP2級講座を活用してスキマ時間で合格する方法(口コミ7選紹介)!

女優の川口春奈さんをCMで起用している、資格専門学校のスタディングのFP(ファイナンシャルプランナー)2級講座。2011年から10年以上続いている、スマホでの学習に特化した通信講座のFP講座です。

スタディングは通信専門講座のため、他の専門学校の講座よりも圧倒的に安い価格で、合格に必要な量の講義を受講できます。できる限り費用を抑えて合格したい方には最適です。FP3級と2級のセットコースならば教育訓練制度の対象ともなっており、さらにお得となります。

加えて、講座受講後に合格した方は、合格体験記を寄稿することで3,000円のAmazonギフト券をもらえる特典付き。

僕も、スタディングFP2級講座で通勤時間に講義・スキマ時間の問題演習をメインに、約5ヶ月で合格できました。この記事では、スタディングFP2級講座の概要・評判・メリット・デメリットまで詳細解説します。

FP3級とセットなら教育訓練制度対象!

スタディングFP2級講座が選ばれる3つの理由は安い・簡単・便利

スタディングFP2級講座をおすすめする理由は3つあります。

  • 業界最安の3万円以下
  • スマホ学習に特化した仕様
  • 問題演習もスキマ時間でできる

それぞれ、以下で解説していきます。

業界最安の3万円以下で受講できる

FP2級の講座の価格は、3万円以下ですべての講義や問題集を使用できます。他校のWeb通信講座の価格と比べてみても、価格が安いのは一目瞭然です。

スタディング(FP2級)29,700円
フォーサイト60,800円
TAC(2級本科生)101,000円
資格の大原(2級AFP)102,300円
LEC(AFP)65,900円

どの専門学校と比較しても、半額以下の料金で受講できます。

さらに、2023年10月より、「FP3級・2級セットコース」のみですが教育訓練制度の対象となりました。終了要件である、「修了認定試験での正答率が60%以上」を満たせば、支払った受講料金の20%が給付され、さらにお得になります。

スマホ学習に特化した仕様で講義視聴がスムーズ

スタディングの講座は、忙しい社会人にぴったりです。なぜなら、ちょっとした時間を有効に活用して学習できるからです。

スマホに講義をダウンロードしておき、通勤時間にオフラインで講義を視聴する方法がおすすめです。各講義も30分程度と短く区切られており、再生速度を調整(1~3倍)して仕事の昼休み等、スキマ時間で講義視聴を進めることもできますので、時間を有効に使えます。

画質を最低設定でダウンロードすれば、FP2級のすべての講義動画でも容量は1.6GB程度です。

無料体験講義もあるので、講師が自分に合っているか確認してから受講を決めることができます。

問題演習もスキマ時間に簡単にできる

FP2級合格のためには、苦手分野を作らずに、万遍なく得点できる必要があり、そのためにはできるだけ短い時間で問題集を一周する必要があります。短い時間で問題演習を繰り返すのにも、スタディングのFP講座は最適です。各講義セクションごとに、スマート問題集と呼ばれる〇×問題形式での問題が数十問づつ用意されているからです。加えて、間違えた問題だけを復習するモードや、AIを活用した、間違えやすい問題をランダムで出題するモードも選択できるため、無駄なく知識の定着が図れます。

以下のサイクルを繰り返すことで、スマホ学習だけで合格に近づく効率的な学習ができます。

  1. 講義を聴く(通勤時間)
  2. 対応するスマート問題集を解く(昼休み等)

専用アプリの起動も早く、10分のスキマ時間にスマホを取り出して5問解く、という使い方も可能です。

さらに、セレクト過去問題集と呼ばれる、厳選された過去問も120問(6単元×20問)用意されており、学科試験の仕上げの教材として活用できます。

スタディングFP2級講座の商品情報(通信講座)

スタディングFP2級講座の概要は以下の通りです。

  • 価格:29,700円(~1/31ならさらに15%オフ)
  • 講義時間:21時間
  • 受講期限:~2023年10月31日(※2024年度版~~2024年10月31日)
  • 運営:KIYOラーニング株式会社(東証グロース上場企業)

FP2級は、受験料だけで約12,000円(学科:5,700円 実技:6,000円+手数料)かかる資格試験です。少しでも費用を抑えたい方は、いま開催中の割引キャンペーンを活用してはいかがでしょうか。

スマホ学習ならスタディング!

スタディングFP2級講座の感想や評判は?口コミ7選

スタディングFP2級講座の評判について、受講した感想をクラウドソーシング依頼サイトのランサーズで集めました。良い点、悪かった点等様々ですが、実態を把握する参考にしてください。

口コミ①(2019年5月受講者)

講義動画で学習をしながらその後には練習問題を解くといったスタイルでしたが、この流れは非常に効率的で何も迷うことなく進めたように感じました。また、勉強をしていると言うよりは空いた時間に聞き流しているような感覚だったので、全く苦になることがなく本当に身に付いているのか心配になるくらいでしたし、それでいてきちんと合格もできたので、結果にも結び付き大変満足できました。

そして、別途参考書なども必要なく講義動画の質も高かったですし、復習するにも気になる場面を繰り返し見れば済んだので、非常に使い勝手が良かったです。

口コミ②(2022年1月受講者)

FP資格を取得しようと、ネットで調べていたら、評価が良かったのでスタディングを受講しました。全てスマホで完結できて、テキスト等もアプリで見られるため、勉強するにも場所を取らないという点がとても気に入りました。講義動画もあり、講師の先生の説明もわかりやすかったです。また、料金も他の通信講座よりもリーズナブルな点もよかったです。なので、スマホで勉強したい、受講費用を抑えたい人には向いていると思います。実際に3ヶ月勉強して、合格出来たので充分満足しています。

客観的に見て悪かった点は、テキストを見るのにスマホの画面だと小さいと感じたので、iPadでもアプリが対応していたのでそちらで見ていました。
なので、スマホよりテキスト派の人は向いてないと思いました。

口コミ③(2021年10月受講者)

独学で受験して合格するのも考えましたが、講義形式で学ぶことと繰り返して受講できることの利便性を考えて、スタディング FP2級講座を選んでよかったです。まとまって学習にあてる時間はなかったのですが、少しずつの時間が仕事の関係で発生したので、その時に利用しました。費用は同種の他社との比較で断トツに安かったので、お財布的には本当に助かりました。

ただ昔から、紙を使っての勉強方法に慣れていたので、全てをスマホで完結するというやり方には、最初不安がありましたがが、きちんと頭に入っていました。合格出来て、本当に良かったです。

口コミ④(2021年9月受講者)

資格は独学でクリアできるものは、昔は本を買って勉強していたが、今はスタディングのようなwebアプリでFP2級ぐらいであれば隙間時間を使って勉強でき資格を取得できるので本よりもずっと効率的に勉強できる。

スマホ教材で電車の中で学び、家に帰ったら動画を見て新しい分野を学習する。この繰り返し。料金も30,000円ぐらいでセレクト問題集もついて対策も立てられる。また、模擬試験も受けられるので時間配分等にも対応可能だった。

口コミ⑤(2021年3月受講者)

FP3級は取得済みだったこともあり2級合格コースを申し込んだが、幅広く知識を身につけるというよりは、毎年出題される問題を重点的に勉強するといった、合格を目的とした内容になっていると感じた。

紙媒体での試験勉強に慣れていたため、スマホ学習は慣れるまで大変だったものの、空いた時間に30分だけなど、細切れ時間をやりくりしながらパパッと勉強できるのはメリットだと感じた。ただ、真ん中あたりのページのあの辺りに書いてあった…といったような、位置から内容を呼び起こすといったことができないため、向き不向きはあると思う。試験までの学習内容の流れが表示され、自分は今どのくらいのところまで学習したのかが一目でわかるため、モチベーションは維持しやすい。

講師に質問できるチケットがつくため、何度動画を見ても理解できないときは役に立つと感じたが、枚数が限られているため、使うタイミングが難しかった。

口コミ⑥(2021年10月受講者)

私が、スタディング FP2級講座を受講しようと思えたのは、スキマ時間でFP資格が取得できたことでありました。コンパクトな動画講義や、スマホで問題練習ができること、実技試験の講座対策があること等についても、スタディングを選定した決め手でありました。

更に、2級合格コースだけに限らずに、FP3級からスタートされる方についても、FP3級とFP2級のセットコースもありましたので、こちらの方も大変素晴らしく思えました。

口コミ⑦(2020年3月受講者)

FP3級は比較的簡単なので、独学で少し勉強すれば受かることが出来ました。他の人も同様のことを言っていた通りでした。FP2級は、独学ではきついので通信教育を利用するのが通常の形で、その中で最も費用が安いのでスタディングFP2級講座でした。
またスマホで全てを完結させる方式なので、スマホをいつも持ち歩いている私にとっては、とても助かりました。仕事をするうえで待機時間が、ばらばらとあるのでその時間を使って勉強することが出来ました。

FP3級のときはテキストを持ち歩いていましたが大変でしたので、利便性が非常に高くなったと言えるでしょう。紙のテキストにラインを引いて勉強した気持ちになっていましたが、それが出来ない為に、本当に頭に残るようになりました。
おかげさまで、一回の受験で合格することが出来ました。

合格者の中には、集中力が続かない時でもスタディングの動画講義で学習を継続して合格した方もいました。

また、合格者の中には、スタディングに合格体験記を寄稿してもらったギフト券3,000円を、次の資格取得に活用されている方もいました。

※僕の合格体験記は、スタディング公式HPの「FP合格者の声」に掲載されています。

>>出典:スタディング公式サイト 合格者の声

スタディングFP2級講座のよくある質問

Q:安い理由は?講義数を削って値段を安くしている?

値段が安いのは、通信講座専門で校舎等の設備を持っておらず、固定費がかからないためです。

スタディングFP2級講座を使用して合格した僕の印象では、講義時間、講義数とも試験範囲を十分網羅しています。

Q:スタディングのテキストや問題は、紙での出力ができない?

テキスト、実技試験の過去問題および模試については、PDFでの出力が可能です。ただ、スマート問題集(〇×問題)および学科試験のセレクト過去問題集についてはスマホ上での出題専用の為、出力できません。

紙メインで学習をしたい方は、スタディングは講義をメインに利用して、実技試験対策として紙の問題集を別途1冊用意して補助的に使うのも一つの利用方法です。

紙の問題集を別途用意しても、合計コストは他校より格安です。

おすすめの問題集については、以下の記事で解説しています。

>>【厳選】きんざい FP2級対策におすすめの問題集を徹底比較!

Q:スタディングの講座に向いている人は?

スマホ学習メインの講座の為、以下のように時間を有効に使いたい方に向いています。

  • 通勤中に講義を受講したい
  • スキマ時間で問題演習等も行いたい

テキスト・問題集とも紙をメインで学習したい方は、きんざい公式問題集等の学習を中心とすることをおすすめします。

Q:通信講座だと、わからない部分の質問ができない?

FP2級講座には、講師に質問できるチケットが5枚ついており、最大5回、質問をすることができます。講義自体がわかりやすいので、十分な回数といえます。

Q:スタディングのFP講座は教育訓練制度の対象になっている?

FP3級・2級セットコースのみですが、対象となっています。修了要件である、「修了認定試験での正答率60%以上」を満たすことで支払った受講料の20%が給付されるため、FP3級から学習したい方はこのセットコースの受講がお得です。

Q:スタディングFP2級講座はAFP認定研修の対象となっている?

スタディングFP2級講座は、AFP認定研修の対象になっておりません。そのため、FP2級の受験資格を得るためには、FP3級から合格して受験資格を得る必要があります。

ただ、FP2級に合格するにはFP3級の知識は必須であることから、FP3級の学習を経てFP2級の学習を行うことで、スムーズに内容が頭に入ります。

スタディングはFP3級+2級講座セットでも31,900円と非常に安く受講できるため、費用を安く合格する、という点で非常に有効な選択肢となります。

Q もし合格しないまま受講期限が来たら、再度同じ受講料がかかる?

スタディングには再受講割引制度があり、FP2級講座は12,210円で再受講できます。

ただし、講師への質問チケットはついていませんのでご注意ください。

また、再受講の講座は、教育訓練制度の対象にもなっておりません。

Q スタディングFP講座の合格率は?

スタディングは、合格者数や合格率については公表していません。公式HPの回答として、オンライン講座という性質上、全ての合格者の方から報告をもらっていないためとのことです。(スタディング公式HP「よくある質問」参照

ただ、合格者の体験談や口コミが公式HP以外にも多数上がっており、毎年多くの方がスタディングFP2級講座を受講して合格していることがわかります。

FP2級についての豆知識

FP2級の合格率

FP2級試験は、金融財政事業研究会(以下、きんざい)と日本FP協会(以下、FP協会)という、2つの団体が主催しています。例えばFP3級を取得済の受験者ならば、FP2級はどちらかを選択して受験することが可能となります。

  • きんざい
  • FP協会

きんざいHPによると、2022年の過去3回の試験合格者・合格率は以下の通りです。

FP2級 学科試験(きんざい)

試験日実受験者
(人)
合格者
(人)
合格率
(%)
2022年9月34,8725,49515.75
2022年5月36,8638,15222.11
2022年1月41,8038,15419.51

FP2級 実技試験(きんざい)

試験日実受験者
(人)
合格者
(人)
合格率
(%)
2022年9月11,7164,86741.54
2022年5月12,3193,87431.45
2022年1月16,4206,51839.70

一方、FP協会HPによると、合格者・合格率は以下の通りです。

FP2級 学科試験(FP協会)

試験日実受験者
(人)
合格者
(人)
合格率
(%)
2022年9月26,26511,07442.16
2022年5月27,67813,61749.20
2022年1月27,88911,57641.51

FP2級 実技試験(FP協会)

試験日実受験者
(人)
合格者
(人)
合格率
(%)
2022年9月21,51612,16756.55
2022年5月23,23714,43262.11
2022年1月23,18613,06156.33

まとめると、合格率は以下のようになっています。

  • きんざい学科:15~20%、実技:30~40%
  • FP協会学科:41~49%、実技:56~62%

合格率だけ見ると、FP協会の試験のほうが受かりやすいように見えます。ただ、注意点として、学科試験は、きんざい(金財)も日本FP協会も、試験問題および合格基準が同じという点です。

同じ問題でFP協会の合格率が高いということは、FP協会の試験受験者のほうが平均的にレベルが高い、とも言えます。(背景として、きんざい(金財)の試験は金融機関等の団体受験に使用される場合が多く、学習意欲の低い人も受験する傾向にある、という事情があります。)

きんざい、FP協会の選び方として、実技試験の問題を解きやすいと感じたほうで受験する、というのも一つの方法です。各団体のHPには、過去数年分の過去問と解答が公開されていますので、どちらで受験するか決める際の判断材料となります。

解答個所は、2022年9月試験で比較すると、きんざい:47問 日本FP協会:80問 となっています。制限時間は両方とも90分の為、日本FP協会の試験の方が解くスピードが求められる試験と言えます。

※スタディングの教材は、実技試験対策の中にきんざい、FP協会の試験をどちらでも受験できるように、両方の実技試験対策問題が用意されています。そのため、講座を受講した後に、どちらで受験するかを決めても問題ないです。

FP2級の知識が活用できる経理業務

FP2級の知識は、様々な経理業務で活用できます。特に、財務管理や資金管理業務には全ての知識が必要となるため、必須資格と言えます。

  • 社会保険・年金(第1単元)給与・資金管理
  • 金融資産(第3単元)資産運用・為替管理・資金管理
  • 税金(第4単元)税務申告・資金管理・財務管理
  • 不動産(第5単元)投資管理・資金管理
  • 相続(第6単元)財務管理・投資管理

まとめ スタディングFP2級講座で合格しましょう!

スタディングFP2級講座は、他校より格安に、スマホ学習に特化したFP講座が受講できます。

以下のような方におすすめです。

  • 独学でやるよりも効率的に、費用をできるだけ抑えてFP2級に合格したい
  • スマホでの学習に抵抗が少ない
  • 机に座って勉強できる時間は少ないが、スキマ時間を使ってでも合格したい理由がある

現在、講座を受講して合格した方が口コミを寄稿すると、Amazonギフト券3,000円をもらえますので、よりお得になります。ぜひ検討ください。

時間がないならスタディング!