【きんざいFP2級合格者が解説】FP試験の受験資格を理解しよう

この記事には広告を含む場合があります。

【きんざいFP2級合格者が解説】FP試験の受験資格を理解しよう

ファイナンシャルプランナー(FP)の資格取得への道は、お金の分野の学習を行う多くの方々にとって、重要な一歩です。しかし、FP試験の受験資格や準備に関しては、どこから始めればいいのか、何を学べばいいのか、多くの方が悩んでいると思います。

  • FP2級を取るにはFP3級からとらなければいけないのか
  • きんざいと日本FP協会、どちらの試験がいいのか
  • 効率的にFP資格を取得するための手順はあるのか

経理歴15年以上の僕もかつて同じ疑問を抱えていました。結局きんざいのFP3級→FP2級というステップで合格しましたが、合格した今となっては、他にも効率的な手順があったと思いました。

この記事では、FP試験の各レベルの概要、受験資格、効果的な学習方法、申し込みプロセス、そしてよくある質問への回答を、経験と知識を基に詳細に解説しています。読者の皆さんには、この記事を通して、FP試験への不安を解消し、自信を持って試験に臨むための明確なガイドラインを提供します。最終的に、FP資格が皆さんのキャリアに新たな道を開き、金融専門家としてのスキルアップに寄与することを目的としています。

FP試験のレベルと受験資格

3級FP技能検定の概要

3級FP技能検定は、ファイナンシャルプランニングの基礎知識を問う試験です。これは、ファイナンスの世界での「初歩の一歩」のようなもので、お金に関する基本的な知識や技能を身につけるためのスタートラインです。3級試験では、家計管理や保険、税金など、日常生活に密接に関わる金融の基礎が問われます。この試験は、ファイナンシャルプランナーとしてのキャリアを始める上での基盤を築くためのものです。

2級FP技能検定の概要

2級FP技能検定は、3級よりもさらに高度な知識と技能が求められる試験です。ここでは、もう少し複雑な財務計画や投資、不動産などの知識が必要になります。たとえば、家を買う時のローンの計算や、老後のための資産形成戦略など、より具体的で専門的な知識が問われるのです。2級を取得することで、ファイナンシャルプランナーとしての専門性をさらに深め、より複雑な顧客のニーズに応えられるようになります。

クロマル
クロマル

FP2級までは、時間をかければ誰でも合格できる試験です。

1級FP技能検定の概要

1級FP技能検定は、ファイナンシャルプランニングの最高レベルの試験です。ここでは、高度な財務計画、リスク管理、税務など、専門的で深い知識が求められます。1級の試験をパスすることは、ファイナンシャルプランナーとしての頂点に立つようなもので、非常に高い専門性と信頼性を示す証となります。このレベルの知識を持つプロフェッショナルは、複雑な財務状況を持つ個人や企業に対して、最適なアドバイスを提供できる能力を持っています。

各レベルの受験資格と条件

きんざいのFP試験について

きんざい(金融財政事情研究会)主催のFP試験では、特に3級と2級の受験資格に制限はありません(実務経験ありの場合)。つまり、誰でも受験することができるのです。しかし、1級試験を受けるためには、2級を合格していること、またはそれに相当する知識や経験が必要です。これは、山登りで言うと、初心者でも登れる低山から始めて、徐々に高い山に挑戦していくようなものです。

  1. 3級FP技能検定
    • 受験資格:特になし。どなたでも受験可能です。
    • 概要:金融や保険の基本知識、家計管理などの初歩的な内容が中心です。
  2. 2級FP技能検定
    • 受験資格:特になし。3級を持っていなくても受験できますが、代わりに実務経験が求められます
    • 概要:資産管理、税金、保険など、より専門的な知識が求められます。
  3. 1級FP技能検定
    • 受験資格:2級合格者、または同等の知識・経験があること。
    • 概要:高度な財務計画や税務、保険、不動産などの深い知識が必要です。

きんざいでのFP技能検定は、特に初級レベル(3級、2級)では受験資格に制限がなく、多くの人がアクセスしやすいのが特徴です。1級になると、より高度な専門知識と経験が求められるため、2級合格者や同等の知識・経験を持つ人に限られます。

日本FP協会のFP試験について

日本FP協会での受験資格は、きんざいとほぼ同じです。3級と2級は(実務経験ありの場合)受験資格の制限がなく、1級に関しては2級の資格を持っていることが前提条件となっています。日本FP協会では、試験の形式や内容に若干の違いがあるため、どちらの機関で受験するかは個人の目的や好みによって選ぶことが大切です。

  1. 3級FP技能検定
    • 受験資格:特になし。どなたでも受験可能です。
    • 概要:きんざいの3級と同様、基本的な金融知識が問われます。
  2. 2級FP技能検定
    • 受験資格:3級合格は必須ではありませんが、その場合は実務経験が求められます
    • 概要:より実践的な金融計画の立案能力が問われます。
  3. 1級FP技能検定
    • 受験資格:2級合格者、または同等の知識・経験があること。
    • 概要:高度な財務計画、税務計画、リスク管理などが中心です。

日本FP協会においても、3級と2級の試験は特に受験資格の制限がなく、幅広い層に開かれています。ただし、1級試験に関しては、より専門的な知識が求められるため、2級合格者、もしくはそれに準ずる知識・経験を有する人が対象となります。

受験資格の特例と経路

実務経験が必要な場合の基準

FP(ファイナンシャルプランナー)の1級試験を受けるには、特定の実務経験が必要です。この基準は、専門的な知識を現場でどれだけ活用してきたかを示すものです。たとえば、金融機関や保険会社での勤務経験、またはそれに準ずる経験が必要とされます。この要件は、ピアノの演奏を学ぶ際に、ただ楽譜を読むだけでなく、実際にピアノを弾いて経験を積むことに似ています。実際に手を動かしてみることで、理論だけでは身につかない技術や感覚を養うことができるのです。

実務経験が不足している場合の解決策

実務経験が不足している場合でも、AFP(アソシエイト・ファイナンシャルプランナー)認定研修などを受講することで、2級FP技能検定の受験資格を得ることが可能です。この研修は、実務経験の代わりになる教育プログラムとして設計されており、FPに必要な基本的な知識とスキルを身につけることができます。これはまるで、運転免許を取るために自動車学校に通うようなもので、実務経験がなくても必要な技能を学ぶための手段となります。

AFP認定研修とそのメリット

AFP認定研修は、FPの世界に足を踏み入れるための入門コースとして非常に価値があります。この研修を修了することで、2級FP技能検定の受験資格を得るだけでなく、AFPとしての認定も受けられます。AFPは、ファイナンシャルプランニングの入門レベルの資格であり、専門知識を持つことを証明する一つのステップとなります。基礎を固めることで、さらに高度な技術や知識への道が開かれるのです。

受験資格の特例と経路

実務経験が必要な場合の基準

ファイナンシャルプランナー(FP)1級試験には、特定の実務経験が必要です。この基準は、専門的な知識を実際の業務でどれだけ活用してきたかを測るためのものです。例えば、金融機関や保険会社での勤務経験、またはそれに準ずる経験が求められます。これは、シェフがレストランで実際に料理を作ることでスキルを証明するようなものです。理論だけでなく、実際の業務を通じて得た経験が評価されるのです。

実務経験が不足している場合の解決策

実務経験が不足している場合、AFP(アソシエイト・ファイナンシャルプランナー)認定研修を受講することで、FP2級試験の受験資格を得ることができます。この研修は、実務経験の代わりとなる教育プログラムで、必要な基礎知識とスキルを身につける機会を提供します。これは、医者になる前に医学部で学ぶようなもので、実務経験がなくても必要な技能を学ぶための入口となります。

AFP認定研修とそのメリット

AFP認定研修は、FP業界への第一歩として大きな価値があります。この研修を修了することで、FP2級の受験資格だけでなく、AFP資格も得られます。AFPは、ファイナンシャルプランニングの基本的な資格であり、専門知識を持つことを社会に示すステップとなります。これは、基本的なプログラミングスキルを学び、IT業界でのキャリアを開始することに似ています。基礎が固まれば、さらに高度な資格や知識への道が開かれます。

試験の構成と合格基準

各級試験の形式と範囲

FP(ファイナンシャルプランナー)試験は、3級から1級まで異なる形式と範囲を持っています。3級試験は主に基本的な金融知識に焦点を当て、選択式の問題が中心です。これは、日常生活で遭遇するお金の問題を理解するための基礎を築くようなものです。2級では、さらに複雑な金融計画や税金の問題などが取り上げられ、問題の形式も多様化します。1級に至っては、高度な財務知識とケーススタディを解析する能力が求められ、最も難易度が高い試験となります。

試験レベル試験範囲
1級 FP技能検定高度な財務計画、税務計画、リスク管理、資産運用、保険、不動産などの深い知識とケーススタディ
2級 FP技能検定資産管理、税金、保険、不動産などのより専門的な知識
3級 FP技能検定基本的な金融知識、家計管理、保険、税金など、日常生活に密接に関わる内容

学科試験と実技試験の違い

FP試験には学科試験と実技試験の二つの部分があります。学科試験では、金融に関する理論的な知識が問われ、主に選択式や短答式の問題で構成されています。一方、実技試験は、実際のケースに基づいて具体的なファイナンシャルプランを策定する能力が評価されます。これは、学科試験が「知識を知っているか」を測るのに対し、実技試験は「その知識をどのように活用できるか」を見るためのものです。

合格に必要な得点と評価基準

FP試験の合格基準は、各級で異なりますが、一般的には全体の問題数に対する正答率60%以上が合格基準とされています。これは、試験が単に知識の量を測るだけでなく、理解の深さと実際の応用能力も考慮に入れていることを意味します。

学習方法と準備

独学と通信講座の比較

FP試験の学習方法には、主に独学と通信講座の二つがあります。独学は自由度が高く、自分のペースで学べるのがメリットです。一方、通信講座は専門家による指導が受けられるため、効率的に学びたい方に適しています。たとえば、独学は自炊に似ていて、材料を自分で選んで料理をするようなものです。一方、通信講座はレストランでシェフが作った料理を食べるようなもので、プロの知識と技術を直接学べます。

社会人の場合は時間が限られているため、通信講座での学習がおすすめです。

3級については【5千円以下】スタディングFP3級講座は最安でスキマ時間に受講できる!(口コミ9選紹介)で解説しています。

2級については、【3万円以下】スタディングFP2級講座を活用してスキマ時間で合格する方法(口コミ7選紹介)!で、スタディング通信講座のメリットと使い方を解説しています。

効率的な勉強方法と計画の立て方

効率的な勉強方法としては、まず全体の試験範囲を理解し、重要なトピックに焦点を当てることが重要です。計画を立てる際には、試験日までの時間を考慮して、毎日または毎週の学習目標を設定します。これは、マラソンを走るためにトレーニングプランを立てるようなもので、目標に向かって徐々に準備を進めることが大切です。

初心者向けの学習リソース

初心者には、基本的な金融の教科書、オンラインの学習サイト、試験対策書などが役立ちます。また、フォーラムやSNSで情報を交換することも有益です。これらのリソースは、新しい言語を学ぶ際に辞書や言語アプリを使うようなもので、基礎から応用まで段階的に知識を広げる手助けとなります。

FP試験の申し込みプロセス

申し込み手順

FP試験の申し込み手順は、主にオンラインで行われます。まずは、試験を主催する団体のウェブサイトにアクセスし、必要な情報を入力して申し込みます。これは、コンサートのチケットをオンラインで予約するのに似ています。ウェブサイトから試験の種類を選び、必要な個人情報を入力し、申し込みを完了させます。

ネット試験の申込方法については、【2023年11月開始】きんざいFP3級ネット試験の申込・持ち物を解説で画面付きで解説しています。

受験料と支払い方法

受験料は試験レベルによって異なります。きんざいの場合を例に記載します。

  • 1級(学科)   : 8,900円+119円= 9,019円((参考)FP協会の場合:20,000円+手数料)
  • 2級(学科+実技):11,700円+156円=11,856円
  • 3級(学科+実技): 8,000円+107円= 8,107円

通常はクレジットカードやコンビニ支払いなど、複数の方法で支払うことができます。支払い方法の詳細は、申し込み時に確認することが重要です。受験料の支払いを完了することで、試験申し込みが確定します。試験日までに受験票が届きます。

>>きんざい(金融財政事情研究会)公式ホームページ

試験日程と場所

試験の日程と場所は、申し込み時に確認することができます。紙の試験は年に数回、全国の様々な場所で実施されるため、自分にとって都合の良い日程と場所を選ぶことが大切です。試験の日程と場所を事前にしっかり確認し、当日の準備を整えることが重要です。

最近は、きんざいのFP3級試験はネット試験(CBT試験)が導入されました。これにより、テストセンターの空きがある日程ならば自分で受験日を選択できるようになり、非常に便利になりました。

きんざいFP試験のネット試験の申込方法については、【2023年11月開始】きんざいFP3級ネット試験の申込・持ち物を解説で画面付きで解説しています。

まとめ

ファイナンシャルプランナー(FP)の資格は、金融の専門知識と実務スキルを証明する重要なステップです。FP試験は3級から1級まであり、基本的な金融知識から高度な財務計画まで、段階的に学ぶことができます。試験の申し込みはオンラインで行い、独学または通信講座での学習が可能です。効率的な勉強方法と計画の立て方が成功の鍵を握ります。初心者でも基本書やオンラインリソースを利用して学習を進められます。

今こそ、FP資格を取得し、あなたのキャリアに新たな価値を加えましょう。専門性の高い知識を身につけ、金融のプロフェッショナルとしての道を歩み始めてください。

重要なポイントは以下の通りです。

  • FP試験は3級、2級、1級の3レベルがあります。
  • 申し込みはオンラインで行い、独学や通信講座で学習可能です。
  • 効率的な学習計画が成功のカギです。初心者は基本書やオンラインリソースを活用しましょう。

よくある質問(FAQ)

Q1: FP試験にはどんな種類がありますか?

A1: FP試験には、3級、2級、1級の3つのレベルがあります。3級は基本的な金融知識を、2級はより応用的な知識を、1級は高度な専門知識を問われます。これは、学校の試験で言うと、中学、高校、大学レベルの進行度を想像すると良いでしょう。

Q2: FP試験の勉強はどのくらいの期間が必要ですか?

A2: 勉強期間は個人の基礎知識や学習能力によって異なりますが、一般的には3級で数週間から1ヶ月、2級で2〜3ヶ月、1級で半年以上を目安にすると良いでしょう。

Q3: FP試験の受験資格には特別な条件がありますか?

A3: 3級と2級の試験には特に受験資格の制限はありません。しかし、1級試験には2級を合格していること、またはそれに準ずる知識や経験が必要です。これは、高等教育で学士号を取得する前に高校卒業が必要なのに似ています。

Q4: FP試験の合格率はどのくらいですか?

A4: 合格率は年度や試験の種類によって異なりますが、一般的に3級は50%〜60%、2級は20%〜30%、1級は10%以下とされています。これは、試験の難易度が上がるにつれて合格するのが難しくなる、ということを示しています。