【1級保有者が教える】簿記1級マスターで税理士試験へ!合格に向けた学習法を解説

この記事には広告を含む場合があります。

【1級保有者が教える】簿記1級マスターで税理士試験へ!合格に向けた学習法を解説

経理や財務の道を志すあなたなら、簿記1級の難関をどう乗り越えればいいか、頭を悩ませていることでしょう。実際、この資格の取得は、会計分野でのキャリアアップに欠かせない一歩ですが、合格率の低さと広範囲にわたる試験範囲が大きな障壁となっています。例えばスタディングHPによると、簿記2級合格レベルから1級合格までに400~600時間の勉強が必要、としています。

簿記1級に関して、例えば以下のような点に悩んでいませんか。

  • 簿記1級に合格する為に必要な勉強時間を確保できない
  • 学習範囲が広すぎて、一通り学習したときには最初の方を忘れている
  • 簿記1級合格後のメリットが実感できない

しかし、適切な準備と戦略さえあれば、この挑戦を成功に導くことは決して不可能ではありません。僕自身、簿記1級の試験に合格したことで大手メーカーの経理として働くことができ、15年の経理経験を積むことができました。さらに税理士試験へと学習を進めています。

この記事では、簿記1級試験の全体概要から効果的な勉強方法、試験当日の心構え、そして合格後のキャリアパスに至るまで、実際の合格者のアドバイスを交えながら解説します。読者には、専門性の高い知識を身につけることの重要性と、それが如何に自身のキャリアにプラスとなるかを理解していただけるでしょう。

  • 簿記1級に効率的に合格する為の勉強法
  • 試験直前~当日までの心構え
  • 簿記1級を活用したキャリアパス

最終的に、簿記1級の資格が会計・財務分野でのあなたの地位を確固たるものにし、税理士という更なる目標達成への道を開くことを約束します。簿記1級という挑戦は、ただの試験ではなく、自身の将来への投資であり、その価値は計り知れません。今こそ、一歩を踏み出し、あなたのキャリアを次のレベルへと押し上げる時です。

簿記1級と税理士資格の基礎知識

簿記1級とは何か?

簿記1級は、企業の会計に関する最も高度な知識と技能を証明する資格です。この資格を持つということは、複雑な財務状況を正確に把握し、管理できる能力があることを示します。簿記1級を持っている人は、その木の全体像を理解し、各枝がどのように全体に影響を与えるかを正確に読み取ることができるのです。

税理士資格との関連性

税理士資格は、税に関する専門的な知識と技能を持つことを証明する資格です。税理士試験を受験するには、以下のいずれかの受験資格を満たす必要があります。日商簿記1級合格は「資格」を満たす1つとなっています。

  • 学識(大学ならば3年次以上)
  • 資格日商簿記1級/全経簿記上級合格)
  • 職歴(該当業務2年以上)
  • 認定

そのため、簿記1級は税理士試験の受験資格を得るためのステップとなることが多いです。つまり、簿記1級を通じて会計の基本を学び、その上で税理士としての専門的な知識を深めていくのです。

学習内容としても、簿記1級は会計の専門知識を証明する重要な資格であり、税理士を目指すうえで非常に有用なステップとなります。初心者の方でも、この段階から一歩ずつ学んでいくことで、将来的には高度な財務管理や税務に関する専門家になることが可能です。

税理士試験の簿記論と簿記1級の違い

試験の出題内容の違い

税理士試験の簿記論と簿記1級では、出題される内容に大きな違いがあります。簿記1級は、商業簿記と工業簿記の両方を深く理解する必要があり、実務に近い形での会計処理を問われます。

一方、税理士試験の簿記論では、税法を含めた会計処理の知識が求められ、より法的な側面に重きが置かれます。

  • 工業簿記の有無
  • 消費税処理の有無

試験の難易度の違い

難易度に関しては、両者は目的と対象が異なるため一概に比較することは難しいですが、一般的に簿記1級は会計の基礎知識から応用まで広範囲にわたり、税理士試験の簿記論は特定の法律に基づく知識が求められるため、より専門性が高いと言えます。

登山でいうと、簿記1級は様々な種類の山を登る技術が問われるのに対し、税理士試験の簿記論は特定の山に登るための特殊な技術が求められるという違いがあります。

必要な勉強時間の違い

必要な勉強時間も、それぞれの試験の目的と範囲によって異なります。簿記1級は広範囲の知識をカバーするため、400〜600時間の勉強が推奨されています。一方で、税理士試験の簿記論は、特定の範囲に特化して深く学ぶ必要があるため、その部分に関してはより集中的な学習が必要になります。これは、広い範囲の地図を学ぶのと、特定のエリアの詳細な地図を学ぶことの違いに例えることができます。

結論として、税理士試験の簿記論と簿記1級では、出題内容、難易度、必要な勉強時間において明確な違いがあります。これらの違いを理解し、自分の目指す目標に合わせて適切な勉強計画を立てることが重要です。どちらの試験も、会計・財務分野での専門性を高めるための貴重なステップであることに変わりはありません。

項目簿記論(税理士試験)簿記1級
出題内容税法を含めた会計処理の知識、特に法的な側面に重きを置く商業簿記と工業簿記の両方を含む会計処理の知識、実務に近い形での問題が多い
難易度特定の法律に基づく専門知識が求められ、専門性が高い広範囲の会計知識が求められるが、法的な側面よりも実務の理解が中心
必要な勉強時間特定の範囲に特化して深く学ぶ必要があり、集中的な学習が必要400〜600時間の勉強が推奨されており、広範囲の知識をカバーするため時間が必要
目的税理士としての専門的な知識と技能を証明会計・財務分野での高度な知識と技能を証明
対象者税理士を目指す人、特に税法に関する深い理解を求める人会計・財務分野でのキャリアアップを目指す人、実務での応用力を高めたい人

簿記1級試験の全体概要

試験の構成と科目

簿記1級試験は、会計・財務に関する高度な知識を問う試験で、主に商業簿記、工業簿記、財務諸表論、会計学の4つの科目から構成されています。

  • 商業簿記
  • 会計学
  • 工業簿記
  • 原価計算

これらの科目は、企業が日々行う経済活動を正確に記録し、解析するための知識を試します。たとえば、家計簿をつけることを考えてみてください。家計簿をつけることで、収入と支出を管理し、無駄遣いを防ぐことができます。簿記1級試験の科目は、この家計簿をつける行為を大企業のレベルで行うための技術や知識を問うものです。

合格率と難易度

簿記1級試験の合格率は一般的に10%前後とされており、非常に難易度の高い試験です。この合格率の低さは、試験が求める知識のレベルが非常に高いことを示しています。

過去数回の合格率は以下の通りです。

試験年月合格率
2023年11月16.8%
2023年6月12.5%
2022年11月10.4%
2022年6月10.1%

>>日本商工会議所HPより抜粋

試験日程と申込み方法

簿記1級試験は年に2回、6月と11月に実施されます。申込みは試験実施の数ヶ月前に開始され、日本商工会議所のウェブサイトまたは指定された申込み場所で行うことができます。試験の申込みをするには、まず試験日程を確認し、申込み期間内に必要な手続きを完了させる必要があります。試験の申し込み締め切りが試験の一ヶ月ほど前であることが多いので、申込期間には注意が必要です。日本商工会議所HPまたは、各専門学校のHPを参照ください。

独学での勉強法

独学で簿記1級の勉強を進める場合、効率的な計画とモチベーションの維持が非常に重要です。まずは、基礎から応用までをカバーする教材を選び、毎日の学習スケジュールを作成します。たとえば、マラソンに例えるなら、長距離を走り切るためには、日々のトレーニングと徐々に距離を伸ばしていく準備が必要です。

同様に、簿記1級の勉強も、毎日少しずつ知識を積み重ね、定期的に全体の復習を行うことで、試験の日までに必要な知識を身につけることができます。

予備校やオンライン講座の活用

予備校やオンライン講座を活用する方法もあります。これらの講座は、簿記1級試験に特化したプロの指導を受けることができるため、効率よく学習を進めることが可能です。例えば、新しいスポーツを学ぶときに、経験豊富なコーチから直接指導を受けることで、技術をより速く、正確に身につけることができるのと同様に、予備校やオンライン講座では、簿記の専門家から直接学べるため、より深い理解を得ることができます。

僕のおすすめは、簿記2級でも紹介したスタディングの簿記講座です。簿記2級以上に机での問題演習時間が必要な簿記1級の学習に、スキマ時間をインプットに活用できるスタディングは非常に相性がいいです。

クロマル
クロマル

忙しい社会人には通信講座のスタディングがおすすめです

必要な勉強時間と計画の立て方

簿記1級試験の合格には、400~600時間の勉強時間が推奨されています。計画を立てる際には、まず目標とする試験日から逆算して、毎日どれくらいの時間を勉強に割り当てるかを決めます。計画を立てることの重要性は、建物を建てる際に設計図が必要なのと同じで、目標に向かって効率的に進むための道筋を示してくれます。毎週の学習目標を設定し、進捗を定期的にチェックすることで、計画通りに学習を進めることができます。

  1. 試験日を決める(6月、11月)
  2. 400~600時間を試験日までにどう割り振るか決める
  3. 学習教材を決める
  4. 学習を行う(問題演習をメイン

結論として、簿記1級の勉強方法としては、独学で計画的に進める方法、予備校やオンライン講座を活用する方法があり、いずれの場合も効率的な学習計画が成功の鍵となります。初心者でも、適切な方法と計画で学習を進めることで、簿記1級試験の合格を目指すことが可能です。

税理士試験との関連性

税理士試験での簿記1級の役立ち方

簿記1級は税理士試験において非常に役立ちます。なぜなら、税理士試験には「簿記論」や「財務諸表論」といった科目が含まれており、これらの科目は簿記1級の知識が直接的に活かされるからです。簿記1級の勉強をすることで、これらの科目に求められる基本的な会計原則や複雑な財務分析技術を理解し、実践できるようになります。

例えば、家を建てる時に基礎がしっかりしていると、その上に安全に大きな建物を建てることができるのと同じように、簿記1級でしっかりとした会計の基礎を学ぶことは、税理士試験の難しい問題に対処するための強固な基盤を築くことに他なりません。

簿記1級取得後に向けての税理士試験準備

簿記1級を取得した後、税理士試験の準備を始める際には、簿記1級で学んだ知識を深化させることが重要です。ここで、簿記1級の知識を税理士試験の具体的な内容に結びつけ、さらに税法などの新しい分野にも挑戦していく必要があります。準備の過程では、過去問の解析や模擬試験の受験を積極的に行い、実際の試験で求められる解答スキルを身につけることが大切です。

簿記1級の勉強は、言い換えるならば、長い距離を走るマラソンのトレーニングに似ています。マラソンのトレーニングでは、基本的な体力作りから始め、徐々に距離を延ばしていき、最終的には本番のレースに挑む準備をします。同様に、簿記1級の知識を土台として、税理士試験のための具体的な準備を進めていくことが成功への鍵となります。

結論として、簿記1級の知識は税理士試験の合格に向けた強固な基盤を提供します。簿記1級取得後は、この基礎知識を活かし、税理士試験特有の内容へとステップアップしていくことが重要です。初心者であっても、段階的な学習と計画的な準備を進めることで、税理士という目標に近づくことができます。

簿記1級を取得するメリット

簿記1級の資格を持つことは、財務・会計分野でのキャリアを築く上で、非常に有益なステップとなります。この資格がなぜそんなに価値があるのか、その理由をもう少し掘り下げてみましょう。

職場での昇進・昇給の機会

簿記1級の資格は、企業の経理部門や財務部門での昇進や昇給の可能性を高めます。この資格を持つことは、あなたが高度な財務分析や会計業務を理解し、実行できることを示します。例えば、ある企業が新しい財務プロジェクトを始めるとき、簿記1級の知識を持つ従業員は、プロジェクトの成功に不可欠な役割を果たすことができます。これは、あなたがその分野の専門家であることを証明し、企業からの評価を高め、昇進や昇給の機会を増やすことに直結します。

税理士試験受験資格の取得

簿記1級は、税理士試験の受験資格を得るための重要なステップです。税理士になるためには、特定の受験資格が必要であり、簿記1級の資格はその一つです。税理士になることは、会計分野でのキャリアをさらに進めるための素晴らしい機会を提供し、個人や企業の税務問題に対する専門的なアドバイスを提供することができるようになります。簿記1級の資格を取得することで、税理士という次の目標に向かって、より確実に進むことができます。

就職・転職市場での優位性

簿記1級の資格は就職や転職市場での大きなアドバンテージをもたらします。特に会計や財務の知識を必要とする職種では、この資格はあなたのスキルセットを際立たせ、他の候補者と差別化することができます。簿記1級の資格を持っていることは、即戦力としてのあなたの能力を雇用主にアピールすることができ、選考過程で有利に働きます。

また、簿記1級は、経理や財務以外の分野でも、企業の財務状況を理解し、管理する能力があることを示すため、マネージメント職への昇進の可能性を広げることもできます。

このように、簿記1級を取得することは、財務・会計分野でのキャリアを目指す人にとって、多大なメリットをもたらします。職場での昇進や昇給の機会を増やし、税理士試験の受験資格を得ることができる上、就職や転職市場での競争力を高めることができます。

簿記1級は、専門知識とスキルを示す重要な証明書であり、持っているだけであなたのキャリアに大きな価値を加えることができます。初心者であっても、計画的に勉強を進め、簿記1級の資格取得を目指すことで、将来の可能性を大きく広げることが可能です。

簿記1級合格経験からの勉強のコツ

スキマ時間を活用した勉強法のポイント

実際に簿記1級を合格した人からのアドバイスで最も多いのは、効率的な勉強法の重要性です。まず、全体のカリキュラムを把握し、それぞれの分野にどれくらいの時間を割くべきか計画を立てます。勉強法のポイントは、「アウトプット(問題演習)」に重点を置くこと。テキストを熟読するだけでは、その内容が身についたか自分で認識できません。特に忙しい社会人の方は、アウトプットを先に行う→インプットを(スキマ時間で)補足的に行う の流れを繰り返すことで、限られた時間で効率的に学習を進められます。

  • アウトプットの時間を確保する
  • インプットはスキマ時間で行うこと(通勤中に講義を聴く 等)
  • アウトプット→不足分をインプット→アウトプット のサイクルを繰り返す

試験当日の心構え

試験当日の心構えとしては、緊張はするもの、と自覚しておくことが何よりも重要です。長時間の試験に備えて十分な睡眠をとり、朝食をしっかり摂ることが大切です。また、早めに試験会場に到着して、試験の流れや環境に慣れることも有効です。

合格後のキャリアパス

簿記1級を合格した後のキャリアパスは多岐にわたります。財務や会計のスペシャリストとして、大手企業の経理部門で活躍することができるほか、税理士や公認会計士を目指すことも可能です。また、自身で会計事務所を開業する道もあります。簿記1級の資格は、あなたのキャリアに大きな柔軟性をもたらし、さまざまな分野での活躍を可能にします。合格後は、自分の興味や目標に合わせて、次のステップを慎重に選択することが重要です。自分の経験や知識を生かし、社会に貢献できるキャリアを築くことを目指しましょう。

  • 経理のスペシャリストとしてのベース知識
  • 税理士試験や会計士試験への基礎学力

簿記1級の試験合格に向けては、計画的な勉強と理解を深める学習が必要です。試験当日はリラックスして自信を持って挑むこと、合格後は自身のキャリアパスを見据えた行動をとることが大切です。これらのアドバイスを心に留め、簿記1級の資格取得を目指しましょう。

簿記1級の学習リソース

オンラインリソースとアプリ

オンラインリソースや学習アプリの利用も非常に有効です。先ほどの通り、スタディングのオンラインの簿記講座がおすすめです。最新の試験情報や学習のポイントが共有されており、アプリを使えば通勤・通学時間を利用して効率的に学習を進めることができます。スタディングでは、スマホ学習に特化しており、スキマ時間を使った短時間学習や、実際の試験に近い形式での模擬試験に挑戦することが可能です。

簿記1級に関連する問題集・テキスト

簿記学習には、机に座って問題演習を行うタイミングが必要となります。その際に使用する問題集選定のポイントは、解説を読んで意味がわかるか、です。

アウトプット→補足としてインプット を行うためには、解説が自分が読んでわかる、というのが不可欠だからです。

結論として、簿記1級の学習リソースは多岐にわたります。自分の学習スタイルやニーズに合った教材選びと、オンラインリソースやアプリの活用を通じて、効率的かつ効果的に学習を進めることが合格への鍵となります。これらのリソースを上手く組み合わせ、簿記1級の資格取得を目指しましょう。

よくある質問(FAQ)

Q: 簿記1級試験の難易度はどの程度ですか?

A: 簿記1級試験は、会計と財務の専門知識を広範囲にわたって問うため、非常に高い難易度があります。合格率は一般的に10%前後とされています。400~600時間の学習が必要となるため、社会人が仕事をしながら勉強するとしたら、1年~1年半の期間を確保するのが望ましいです。

Q: 簿記1級取得は税理士試験にどのような利点がありますか?

A: 簿記1級の資格は、税理士試験の受験資格の一つとして認められています。また、税理士試験の「簿記論」や「財務諸表論」などの科目を勉強する際に、簿記1級で身につけた知識が大いに役立ちます。

Q: 簿記1級の勉強を始めるには、どのように計画を立てればよいですか?

A: 簿記1級の勉強を始める際には、まずは試験の範囲を把握し、自分の学習スタイルに合ったテキストや問題集を選びます。その上で、毎日または毎週の学習時間を確保し、計画的に学習を進めることが大切です。また、定期的に過去問題を解いて、実際の試験に慣れることも重要です。計画的な準備と継続的な努力が、成功への鍵となります。

まとめ

簿記1級の資格取得は、会計・財務分野でのキャリアアップに不可欠です。この資格により、高度な会計知識と技能を証明でき、職場での昇進・昇給の機会が増加します。また、税理士試験の受験資格を得るための重要なステップでもあります。効率的な勉強法、適切な学習リソースの選択、そして試験当日の心構えが合格への鍵です。

これから簿記1級や税理士試験の挑戦を考えている方は、今日から勉強計画を立て、着実に準備を進めましょう。

重要なポイントは以下のとおりです。

  • 高度な会計知識と技能の証明
  • 職場での昇進・昇給の機会増
  • 税理士試験受験資格の取得
  • 効率的な勉強法と適切なリソースの活用