【どっちがおすすめ?】簿記2級とビジネス会計検定2級の選ぶポイントを現役経理部員が比較

この記事には広告を含む場合があります。

【どっちがおすすめ?】簿記2級とビジネス会計検定2級の選ぶポイントを現役経理部員が比較

経理分野の資格を、転職やキャリアアップのために取得する方も多いと思います。ただ、自分にどの資格が必要なのか、と迷っていませんか。例えば簿記自体は有用な資格ですが、簿記2級を取得するには半年程度の勉強期間が必要であり、目的が明確でないと途中で学習を挫折しかねません。もし資格が取得できたとしても、目的が明確でない以上、簿記の知識を活かしきれません。

僕自身、元々学生時代に簿記2級を取得していましたが、知識を広げようと考え経理として働きながらビジネス会計検定2級を取得しました。その時に感じた印象は「同じ経理関連資格でも大分切り口が違う」という点です。

両方の資格を学習した上で、それぞれの資格は以下の方に向いている、と考えました。

  • 簿記2級:経理転職希望者、および経理部門の財務会計の担当(財務諸表作成サイド)
  • ビジネス会計検定:財務分析や管理会計の担当(財務諸表分析サイド)

この記事では、大手メーカー経理歴15年の僕が、2つの資格の特徴と、経理実務で役立つ場面を比較します。読むことで、各資格の特徴を知り、あなたのキャリアに必要な資格を決める手助けになります。

簿記検定とビジネス会計検定の内容

簿記およびビジネス会計検定の内容を簡単にまとめると以下の通りです。

以上のように、2つの資格では、想定しているスキルが異なっています。

簿記2級とビジネス会計検定2級試験の特徴を比較

次に、簿記2級とビジネス会計検定2級試験の主な特徴を比較していきます。

資格簿記検定2級ビジネス会計検定2級
取得難易度
(3 / 5.0)

(2.5 / 5.0)

資格知名度
経理実務直結度107
活用できる業務全般(特に財務会計)主に財務分析・経営管理
受験資格なしなし
学習期間6ヶ月4~6ヶ月
受験料4,720円7,480円
合格率約30%(変動大)2級:約50%
試験時期年3回(6、11、2月)
 +随時試験(ネット試験)
試験:年2回
(10、3月)
受験地全国大都市
参照(公式HP)詳細を見る詳細を見る

以下のような違いがあります。

  • 資格の難易度は簿記2級の方が高い
  • 資格自体の知名度は簿記2級の方が高い
  • 簿記2級は財務会計、ビジネス会計検定は管理会計よりの出題内容
  • 合格率はビジネス会計検定2級のほうが高いためなじみやすい
  • 簿記2級には随時試験(ネット試験)があるため、いつ学習を始めても受験しやすい

上記の内容を見ると、簿記2級のほうが受験までのハードルが低いように見えます。ただ、合格率はビジネス会計検定が高いです。

簿記vsビジネス会計検定 選択の決め手は求めるスキル

簿記とビジネス会計検定の選択は、個人の職種やキャリアパスに深く関連しており、それぞれの資格が提供するスキルセットが目指す職業やキャリアの目標に適合するかどうかを基準に選ぶべきです。

理由としては、簿記とビジネス会計検定で、重視するスキルが異なるためです。

  • 簿記: 日商簿記検定は、実務における会計処理、財務諸表の作成など、実践的な会計スキルを重視しています。この資格は、経理や会計の職種に直接的に役立ちます。
  • ビジネス会計検定: 財務諸表の分析や経営判断に関連する高度な会計スキルに重点を置いており、経営者や財務アナリスト、戦略立案に関わる職種に適しています。

以上から、個人の職業目標や興味が会計処理や日常の経理業務にある場合は簿記検定が適しており、一方で、経営分析や戦略立案などより高度な財務知識を必要とする職種にはビジネス会計検定が適しています。したがって、自身のキャリアパスや目指す職種に基づいて、どちらの資格を取得するかを決定することが重要です。

簿記2級の取得をおすすめする理由3点

僕が、経理未経験の方に、簿記2級とビジネス会計検定のまずどちらを取得するか、と聞かれたら、「簿記2級」と答えます。理由は以下の通りです。

  • 資格自体の知名度が高く、社内評価や転職活動でも資格取得が評価される
  • ビジネス会計検定で分析手法を学ぶ前に、簿記で財務諸表の作り方を学ぶ方がより理解が深まる
  • 簿記2級を取得すると、その後にビジネス会計検定を取得する場合でも非常に楽になる

専門学校で学ぶならば、スタディングがおすすめです。スタディングのメリットについては【口コミ有】スタディングで簿記2級に合格!通信講座で初心者でも合格できる方法を解説で解説しています。

ビジネス会計検定2級をおすすめする理由3点

以下のような方の場合は、ビジネス会計検定をおすすめします。

  • 財務諸表を作成するというより分析を行う業務に従事する方
  • 経営管理系の業務を行っており、会計分野の知識を広く浅く身に着けたい。
  • 簿記2級の内容にとっつきづらさを感じているが、会計知識を得たい

以上のような方は、簿記独特のルールになじみがないことが多いため、ビジネス会計検定の学習の方が継続しやすいと考えられるからです。もちろん、ビジネス会計検定取得後、簿記検定の学習を行うことで分析や経営管理に役立つスキルは増えます。

もし、簿記2級を学習した後にビジネス会計検定2級を受験する場合、公式の問題集およびテキストを利用して独学で十分合格できると考えます。なぜならば、ビジネス会計検定は過去問に近い問題が出題される可能性が比較的高いため、問題集の解説を理解できる基礎知識があれば独学で合格可能だからです。

ただ、簿記3級レベルの知識でビジネス会計検定を受験するならば、専門学校の利用も検討してもいいです。特に簿記知識を必要とする部分は、独学より専門学校の解説を聞いた方が効率的だからです。

専門学校は、

経理関連資格を通じて会計知識を高め、業務に活用しよう

簿記2級とビジネス会計検定2級の比較を行ってきました。まとめると以下の通りです。

  • 未経験者には簿記2級がおすすめ。ただ両方とも学習するとさらに理解が深まる
  • 経営管理系の職種で簿記になじみがない人、または広く浅く会計を学びたい人にはビジネス会計検定2級

簿記2級を取得するならば、通信講座を受講するのが効率的です。おすすめの通信講座(スタディング)のメリットについては【口コミ有】スタディングで簿記2級に合格!通信講座で初心者でも合格できる方法を解説で解説しています。

スキマ時間を活用した、効率的な簿記の学習方法については【スキマ時間活用】簿記2級に一発合格!1級合格者が勉強法を解説!を参照ください。

簿記とFPの比較については、簿記とFPの比較:どちらが必要か?を参照ください。