【経理歴15年が語る】経理の未来大解剖!将来性を深堀り分析

この記事には広告を含む場合があります。

【経理歴15年が語る】経理の未来大解剖!将来性を深堀り分析

経理という職業について、未来はどうなるのだろうと不安を抱えていませんか?AIの台頭やデジタル化が進む中、経理の仕事がなくなるとの声も耳にします。

  • AIの進化で経理の人材は必要なくなる?
  • Excelや各システムのスキルは無駄になる?

しかし、経理歴が長く豊富な経験を持つ筆者は、そのような変化の中でも経理の価値をしっかりと見出しています。この記事では、AI時代における経理の将来性と、経理職が直面している課題について深掘りします。

経理職としての実績を基に、AIや自動化技術が経理業務に与える影響、将来的に必要とされるスキル、さらには経理の業務がどのように進化していくかについて詳細に解説していきます。読者の皆様には、経理業務の最新トレンドと、それに対応するための具体的な方法をお届けします。

この記事を通して、経理の将来性に関する不安を解消し、経理としてさらなるキャリアアップを目指すためのヒントを得ていただければ幸いです。最終的に、経理職の未来には確かな機会があり、AIの時代でも重要な役割を果たし続けることをお約束します。

経理とは何か?

経理とは、企業の財務状況を正確に記録・管理する職務です。企業のお金の流れを把握し、その情報を基に経営の意思決定をサポートする重要な役割を担います。たとえば、家計簿をつけることを考えてみてください。家計簿では、家庭の収入と支出を記録し、お金の使い道を計画的に管理します。経理も同様に、企業の家計簿をつけるようなものです。

経理の業務内容

経理の業務内容は多岐にわたります。一例をあげると、売上や経費の記録、給与計算、税金の申告などがあります。これらの業務は企業がスムーズに運営されるために不可欠で、企業の経済活動を正確に反映するための基盤を作ります。

例えば、レストランで言えば、売上の記録は注文された料理の数や金額を記録することに相当し、経費の記録は材料費や光熱費などの支出を管理することに似ています。

経理の役割とは何か?

経理の役割は、単に数字を記録するだけでなく、その数字を基にした分析や予算の管理も含まれます。この分析は、企業がより良い経営判断を下すのを助けるために重要です。例えば、家庭での家計簿を見て、次月の節約計画を立てるのと同じように、企業も経理の分析に基づいて将来の戦略を立てます。経理は企業の経営状態を正しく把握し、企業の健全な成長を支える役割を果たします。

以上のように、経理は企業の健全な運営を支える核心的な業務であり、その役割と業務内容は企業の発展に不可欠です。経理初心者の方々にとっても、この基本を理解することが、経理の将来性を考える上での出発点となります。

経理業務の自動化とAIの影響

最近、経理業務の自動化とAI(人工知能)の影響が大きな話題になっています。AIの進化は、経理の仕事のやり方に大きな変化をもたらしています。まるで、スマートフォンが私たちの日常生活を便利に変えたように、AIも経理業務をより効率的かつ正確に変えつつあります。

AIやRPAによる代替とその限界

AI(人工知能)やRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)は、ルーチンワークや繰り返し行う作業を自動化する技術です。例えば、伝票の入力作業がこれに当たります。AIやRPAを利用することで、このような単純な作業は高速かつ正確に行うことが可能になります。

しかし、AIやRPAにも限界があります。複雑な判断やクリエイティブな思考が必要な業務は、まだ人間の手が必要です。例えば、予算計画の策定や財務分析のような業務です。これらの作業は、単に数字を扱うだけでなく、その背後にあるビジネスの理解や戦略的な思考が求められます。

  • 単純作業 →AIで代替できるようになる
  • 分析・判断→人間の手が必要

AIとRPAの導入によって、確かに一部の経理業務は自動化されるでしょう。しかし、それらは主に時間を要する単純作業に限られ、経理職の中核をなす戦略的な判断や分析は引き続き人間によって行われることになります。経理の将来性を考える上で、この自動化の進展は、単なる効率化を超え、より高度なスキルや戦略的思考を経理職に求めるきっかけとなるでしょう。

経理業務の将来性

経理の将来性については、多くの専門家がAIの進化とその影響に注目しています。技術の進歩は、経理業務のあり方に大きな変化をもたらし、将来性について考える際の重要な要素となっています。この点について、経理初心者の方々にも理解しやすく解説します。

AIに代替される業務とされない業務

まず、AIによって代替される可能性のある業務は、主に定型的で繰り返し行われるものです。たとえば、伝票の入力や経費精算などの単純な作業がこれに当たります。これらはAIが得意とする領域で、自動化により効率化が進むと予想されます。

AIやRPAによる代替が可能なものとしては、以下のようなものが挙げられます。

  • 仕訳
  • 伝票処理
  • 請求書処理
  • データ入力
  • 決算書作成

一方、AIに代替されにくい業務は、複雑な判断や分析、戦略的思考を伴うものです。例えば、財務分析や予算策定、経営層へのアドバイス提供などがこれに該当します。これらの業務は、単に数字を扱うだけでなく、ビジネスの深い理解や戦略的な視点が求められます。

  • 経営分析
  • 予算策定
  • 税務相談・税務申告

経理の仕事がなくなる可能性とその理由

経理の仕事が将来的になくなるという見方もありますが、これは一部の業務に限った話です。AIや自動化技術の進歩により、単純作業や定型業務は減少する可能性があります。しかし、これは経理職が全体として不要になることを意味するわけではありません。

むしろ、経理の専門性がより高度なものへと変化し、分析力や戦略的思考などのスキルがより重要になると考えられます。企業の経営に深く関わる重要な判断をサポートする役割は、引き続き経理職に求められることでしょう。

以上のように、経理の将来性は、AIの進化によって変化するものの、経理職自体の重要性は変わらず、むしろその役割はより高度化していくと考えられます。経理初心者の方々にとって、これらの変化を理解し、適応することが今後のキャリア形成において重要です。

クロマル
クロマル

これまで以上に、勉強し続けるかどうかで経理人材としての差が出そうです

将来の経理に必要なスキル

経理職の将来性を考える上で、必要とされるスキルが進化しています。特に、ITリテラシーとデータ分析力は、これからの経理職にとって欠かせない要素です。これらのスキルは、経理の効率化と戦略的な意思決定を支援するために重要です。

ITリテラシーとデータ分析力の重要性

ITリテラシーは、最新の会計ソフトウェアやデータ管理ツールを使いこなす能力を指します。これは、まるで運転技術が車を効率的に使うために必要なのと同じです。データ分析力とは、数字や統計を用いて、企業の財務状況や市場の動向を理解し、有効な経営戦略を立案する能力のことです。

ITリテラシーがあれば、会計ソフトやデータ分析ツールを使いこなすことができ、業務効率を向上させることができます。また、ITツールを活用して、より高度な分析を行うことも可能になります。

データ分析力とは、データを収集・整理・分析して、そこから意味のある情報を導き出すことです。経理職においては、企業の財務状況や経営状況を把握するために、データを分析するスキルが求められます。そのため、データ分析力を身につけることは、経理職として活躍するために重要なスキルと言えます。例えば、データ分析力があれば、企業の財務状況や経営状況を把握し、経営判断に役立てることができます。また、データ分析によって、新たなビジネスチャンスを見つけることも可能になります。

クロマル
クロマル

AIで効率できた時間を使ってどんな業務ができるか、と考えた方が有益です

経理として活躍するポイント

経理として活躍するためには、これらのスキルに加えて、コミュニケーション能力や問題解決能力、柔軟性も重要です。

  • コミュニケーション能力
  • 問題解決能力
  • 柔軟性

コミュニケーション能力は、経営層や他部門との円滑な情報交換を可能にし、問題解決能力は、複雑な財務の問題に対処する際に不可欠です。これらのスキルは、まるでチームスポーツでの協力プレイのように、組織内で効果的に働くために必要です。経営層や関係部署と円滑にコミュニケーションをとることで、経営判断に必要な情報を提供したり、業務の改善を提案したりすることができます。

問題解決能力について、経理職は、企業の財務状況や経営状況を把握し、問題点を洗い出し、改善策を立てる必要があります。そのため、問題解決能力が求められます。たとえば、財務状況の悪化や経営上の課題を把握し、その原因を分析して、改善策を立てる必要があります。

柔軟性について経理業務は、常に変化しています。そのため、柔軟に対応できる能力が求められます。たとえば、新しく導入された会計基準や、法改正に対応するために、柔軟に対応する必要があります。

将来の経理職には、これらのスキルがさらに重要性を増すと予想されます。定型業務が自動化される中で、経理はより戦略的な役割を担うようになり、ビジネスの成功に直接貢献する重要なポジションとなるでしょう。そのためには、ITリテラシーとデータ分析力を身につけ、コミュニケーション能力や問題解決能力を磨くことが、経理職の未来を切り開く鍵となります。

経理で働く際の注意点とリスク

経理で働く際の注意点

経理で働く際には、以下の点を求められる点に注意する必要があります。

  • 正確性
  • 機密性
  • 責任の重さ

正確性

経理業務は、企業の財務状況を正確に把握することが重要です。そのため、経理処理は正確かつ丁寧に行う必要があります。たとえば仕訳や決算書の作成など、経理処理においては、ミスが許されません。ミスが原因で、企業に損害を与えてしまう可能性があるためです。

機密性

経理業務では、企業の財務状況や取引に関する機密情報が扱われます。そのため、情報の漏洩や不正利用などに注意する必要があります。たとえば決算書や顧客情報など、機密情報は厳重に管理する必要があります。また、経理担当者は、情報漏洩や不正利用につながる行為を慎む必要があります。

責任の重さ

経理業務は、企業の経営判断に直接影響を与える重要な仕事です。そのため、経理担当者には大きな責任が求められます。たとえば決算書の作成は、企業の財務状況を正確に把握するための重要な作業です。決算書に誤りがあると、企業の経営判断に誤りが生じる可能性があるため、経理担当者は慎重に作業を行う必要があります。

経理で働くうえでのリスクについて

経理で働く際には、以下のリスクがあることを知っておく必要があります。

粉飾決算

粉飾決算とは、企業の財務状況を実際よりも良く見せるための不正行為です。経理担当者が粉飾決算に加担してしまうと、刑事責任を問われる可能性があります。たとえば決算書の数字を操作したり、不正な取引を隠したりすることで、企業の財務状況を良く見せることができます。しかし、粉飾決算が発覚すると、企業の信用が失墜し、経営に大きな影響を与える可能性があります。

内部統制の不備

内部統制とは、企業の資産を保護し、経営上のリスクを軽減するための仕組みです。内部統制の不備があると、不正行為が起きやすくなり、企業に損害を与える可能性があります。たとえば経理担当者の権限が過大であったり、取引の承認プロセスが十分でなかったりすると、不正行為が起きやすくなります。

職場トラブル

経理部門は、企業の経営に関わる重要な部門であるため、プレッシャーやストレスが大きい傾向があります。そのため、職場トラブルが発生する可能性もあります。たとえば、経理担当者の間で仕事のやり方や責任の範囲をめぐってトラブルが発生することがあります。また、上司や経営層からのプレッシャーが原因で、精神的な不調をきたす人もいます。

以上のように、経理は、やりがいのある仕事ですが、注意点やリスクがあることを知っておく必要があります。正確性、機密性、責任の重さなどの注意点を守り、粉飾決算や内部統制の不備などのリスクを回避することで、安心して経理の仕事に取り組むことができます。

経理になるための手順とプロセス

経理職への道は一つではありません。経理未経験者が経理になるためには、計画的なアプローチが必要です。ここでは、経理になるための異なるルートとそのプロセスを、初心者にも分かりやすく解説します。

経理未経験から経理になる手順

経理未経験から経理職に就くには、主に二つの道があります。それは、社内異動と転職です。

社内異動で経理になるには

社内異動で経理になるためには、まず現在の職場で経理部門への関心を示すことが大切です。経理関連の基本的な知識を身につけ、会社内で開催される関連研修に積極的に参加すると良いでしょう。また、経理部門の責任者や先輩に相談を持ちかけ、実務経験を積む機会を探求することが重要です。これは、スポーツチームで新しいポジションを目指すようなもので、基本的なスキルを身につけ、積極的にチャンスをつかむ姿勢が必要です。

転職で経理になるには

転職を通じて経理になる場合、まずは会計や経理の基本的な知識を学び、可能であれば関連する資格を取得することが望ましいです。履歴書や職務経歴書には、数字に関する理解力や分析スキルなど、経理職に有用なスキルをアピールすることが大切です。転職エージェントの利用やネットワークを活用して、適切な求人を見つけることも重要です。これは、新しいスポーツクラブに入るために必要な準備と似ています。

経理内で希望の業務に就くために必要なプロセス

経理部門内で希望の業務に就くためには、まずその業務に関する深い知識と経験を積むことが必要です。具体的には、現在の業務での成果を積極的に上司に報告し、希望する業務への関心を示すことが重要です。また、その業務に必要な追加の資格やトレーニングを受けることも、自分のキャリアパスを築く上で役立ちます。これは、特定のスポーツで特別な技能を磨くために特別なトレーニングを受けることに似ています。

経理になるための道は多様ですが、基本的な知識の習得、関連する資格の取得、そして自分のキャリア目標に合わせた戦略的なアプローチが重要です。これらの手順とプロセスを理解し実行することで、経理職への道が開けます。

まとめ

経理の将来性について考えるとき、AIや自動化の進展が重要な要素です。技術の進化は、単純なデータ入力や計算作業を自動化し、経理業務を効率化しています。しかし、これは経理職が不要になることを意味するわけではありません。むしろ、複雑な分析や戦略的な意思決定支援といった、より高度なスキルが求められるようになっています。経理職には、ITリテラシーやデータ分析能力、コミュニケーション力がより重要になります。

これらの変化に適応し、スキルを磨くことが、経理として成功するための鍵です。未来の経理職を目指す方々には、積極的に学習し、自己成長に努めることをお勧めします。

特に重要なポイントは以下の通りです。

  • AIや自動化は、単純作業の効率化に寄与。
  • 経理職は不要にならず、むしろ重要性が増す。
  • ITリテラシー、データ分析能力、コミュニケーション力が重要。
  • 学習と自己成長がキャリアアップの鍵。

これから経理の道を進む方々、現在の変化をチャンスと捉え、自己成長のための学習を始めましょう。常に時代の一歩先を行くスキルセットを身につけることで、将来の経理職として活躍する準備を整えることができます。

よくある質問と回答

質問1: 経理の仕事は将来なくなるのか?

回答: 経理の仕事が将来なくなるという心配は一部でありますが、全体としては経理の重要性は継続しています。AIや自動化技術の進歩によって、単純なデータ入力や計算などの定型業務は減少する可能性があります。しかし、経理の核となる戦略的な分析や意思決定のサポート、財務計画の策定などは引き続き人間の判断力が求められるため、経理職自体がなくなることは少ないと考えられます。むしろ、これらの変化に適応し、新たな技術を取り入れることで、経理職の役割はさらに重要かつ高度なものになるでしょう。

質問2: 経理はなぜ人気があるのでしょうか?

回答: 経理が人気の理由は、その安定性と専門性にあります。経理は企業の財務を管理する核心的な役割を担い、経営の健全性を保つ上で非常に重要です。また、会計や財務の専門知識を身につけることで、さまざまな業界で活躍することができ、専門性が高まるにつれてキャリアの選択肢も広がります。経理は、数字や分析が得意な人にとって、非常にやりがいのある職業と言えるでしょう。

質問3: 将来性のない業界は?

回答: 将来性のない業界と一概に言うのは難しいですが、一般的には技術革新の影響を受けやすい業界や、市場の需要が減少している業界が挙げられます。例えば、デジタル化の影響で縮小する印刷業界や、人口減少の影響を受ける一部の製造業などが該当する可能性があります。ただし、これは一般的な傾向であり、各業界には逆境を乗り越える革新的な企業も存在します。

質問4: 経理職には何年で慣れますか?

回答: 経理職に慣れる期間は個人によって異なりますが、一般的には1~2年程度が目安とされています。基本的な業務の流れや会計ソフトの操作に慣れるのに数ヶ月かかりますが、より複雑な業務や財務分析に関しては、実際に経験を積みながら学ぶ必要があります。また、継続的な学習と実務経験が経理職の専門性を高めるため、長期的に見てスキルアップに努めることが重要です。