経理キャリアアップの必須スキルと戦略!現役経理が解説

この記事には広告を含む場合があります。

経理キャリアアップの必須スキルと戦略!現役経理が解説

経理のキャリアアップは、専門知識の深化と実践的なスキルの習得を通じて進みます。初心者が経理アシスタントとしてスタートし、日次の記帳や月次決算の補助から始まります。重要なのは、基本業務に精通し、財務報告の作成や年次決算の一連処理に携わる能力を身につけることです。キャリアを通じて、簿記検定や英語能力(TOEIC 700点以上)などの資格を取得することで、専門性を高め、キャリアの幅を広げることができます。

キャリアプランの成功の鍵は柔軟性です。経理の世界は常に変化しており、市場の動向や技術の進展に適応する必要があります。また、スペシャリスト(専門家)かゼネラリスト(汎用性のある職員)かを選択することで、キャリアの方向性を決めます。経理の経験は、英文経理やIR(投資家関係)、財務担当、CFO(最高財務責任者)など、多様なキャリアパスへの扉を開きます。継続的な学習と適応力が、経理のキャリアアップにおいて最も重要な要素です。

経理の基本的な業務内容と流れについて

経理の基本業務

経理の仕事は会社のお金の流れを記録し、管理することです。これは家計簿をつけることに似ていますが、企業規模によっては非常に複雑になります。経理の基本業務には、主に収入と支出の記録、つまり「売上の記録」と「経費の支払い」が含まれます。

収入の記録では、商品やサービスを提供して得たお金をどれだけ受け取ったかを正確に記録します。一方、支出の記録では、会社が運営するために必要な費用、例えば、材料費や給料、オフィス用品の購入などの支払いを記録します。

経理の業務内容

経理の業務は、ただ収入と支出を記録するだけでなく、そのデータを使って会社の財務状況を分析します。これは、医者が患者の健康状態を診断するようなものです。経理は会社の「健康診断」を行い、財務報告書を作成します。この報告書には、利益や損失、会社が持っている資産や負債(借金)などが記されています。

また、経理は税金の計算や支払いも担います。これは家庭でいうところの年末調整や確定申告に相当し、会社が正しい金額の税金を納めるように計算を行います。

経理の仕事は非常に重要で、正確な記録と分析によって、会社の経営者が適切な意思決定を行えるよう支援します。たとえば、経理が提供するデータを基に、会社は新しい投資をするか、コスト削減を行うかなどの決定を下します。ですから、経理は会社の「舵取り役」とも言える存在なのです。

経理に向いている人の特徴

数字に強く、計算や集計が得意な人

経理職には数値に強いことが求められます。これは、数字を正確に扱い、計算する能力を意味します。たとえば、会社の収入や支出を計算する際に、正確な数値が必要です。これは、料理でレシピに正確に従うようなもので、少しの誤差でも結果が大きく変わってしまいます。数字に強い人は、このような正確な計算を得意とし、経理の仕事に適しています。

几帳面で、細かいことにも気を配れる人

経理は細部に注意を払う必要があります。細かい数字やデータを扱うため、注意深く几帳面な性格が求められます。この特徴は、パズルを丁寧に組み立てることに似ています。小さなピース一つ一つが大切で、一つでも間違えると全体の絵が崩れてしまいます。細かいことに気を配れる人は、経理業務で重要な役割を果たすことができます。

地道に粘り強く、業務に取り組める人

経理の仕事は繰り返しの作業が多く、根気強さが必要です。毎日同じような業務をコツコツとこなす必要があり、これはマラソンのようなものです。長い距離を走るには、一定のペースでコツコツと進むことが重要です。地道な作業に粘り強く取り組める人は、経理の仕事に向いています。

知識を学ぶことが好きな人

経理は常に法律や規制の変更に対応する必要があるため、学習意欲が重要です。税法や会計基準は変わることがあり、これらの変化に対応するためには、常に最新の情報を学び続ける必要があります。これは、新しい技術を学ぶエンジニアに似ています。常に最新の知識を取り入れ、スキルを更新し続けることが必要です。知識を学ぶことが好きな人は、経理の分野で常に進化し続けることができます。

経理に向いている人は、これらの特徴を持ち合わせています。数字に強く、細かいことに注意を払い、地道な作業にも耐えうる粘り強さを持ち、新しい知識を常に学ぶ意欲がある人です。これらの特質を持つ人は、経理の職で成功する可能性が高いでしょう。また、これらの特質は経理の仕事を通じてさらに磨かれ、企業にとって重要な貢献をすることが期待できます。

経理のキャリアプランとは?主なキャリアプランと得るべきスキルを解説

経理の主なキャリアプラン

経理のキャリアプランには、いくつかの主要な道があります。初心者からスタートして、最終的には経理マネージャーや財務部長、さらには最高財務責任者(CFO)まで登りつめることが可能です。これは、登山に例えると、初心者が徐々に経験を積んで、やがては高い山の頂上を目指すようなものです。また、専門性を高め、会計士や税理士のような専門職を目指すこともできます。この道は、特定の技能や知識を深め、その分野の専門家になるというものです。

経理のキャリアプランを考えるポイント

経理のキャリアプランを考える際には、自分の強みや興味、キャリアの目的を明確にすることが重要です。また、将来性や昇進の可能性も考慮する必要があります。これは、旅行の計画を立てるようなもので、どの道を選ぶかによって目的地や経験が変わります。自分の価値観や目標に合ったキャリアパスを選ぶことが、長期的なキャリアの満足につながります。

経理のキャリアアップで活かせる資格

経理のキャリアアップには、特定の資格が役立つことがあります。例えば、日商

簿記検定は基本的な会計知識を証明する資格で、経理業務の理解を深めるのに役立ちます。これは、運転免許を取得して車を運転するのに似ています。免許があれば、さまざまな道を運転して目的地に行くことができます。同様に、簿記検定を持っていると、経理の世界で多くの道が開けます。また、USCPA(米国公認会計士)や税理士などの上級資格は、更なる専門性を求めるキャリアパスに有効です。これらの資格は、専門家としての地位を確立し、より高度なキャリアオプションを開く鍵となります。

経理のキャリアプランを考える際には、これらの資格がどのように自分のキャリア目標に役立つかを考慮することが重要です。資格を取得することで、専門知識が深まり、キャリアアップの道がより多く開かれるでしょう。資格は自分のスキルと専門性を証明する手段として、経理の世界での成功に大きく寄与します。

面接で使える経理のキャリアプラン例文

経営に関われるトップ層を目指す

面接で経営に関わるトップ層を目指すと答える場合、具体的な目標とそのためのステップを明確に述べることが大切です。たとえば、「経理部門での経験を積んだ後、将来的には財務部長やCFOとして、会社の経営戦略に直接貢献したいと考えています。そのためには、経理業務の全般に精通し、さらに財務分析や予算管理のスキルを磨く必要があると考えています。」といった具体的な回答が望ましいです。これは、登山で頂上を目指すように、段階を踏みながら高い目標に到達するプロセスを説明することに似ています。

経理のスペシャリストを目指す

スペシャリストを目指す場合、専門性を高める意欲とその方向性を示す必要があります。例えば、「私は経理のスペシャリストとして、会計や税務の専門知識を深め、企業にとって最適な財務戦略を提案できるような専門家を目指しています。具体的には、日商簿記検定や税理士資格の取得を目指し、さらには国際会計基準にも精通することで、グローバルな視点から貢献できる経理専門家になることが私の目標です。」と答えると良いでしょう。これは、特定の分野で高度な技術や知識を持つ職人を目指すことに例えられます。

面接での回答には、自分が何を目指しているのか、どのようなスキルや経験を積むことでその目標に近づけるのかを具体的に説明することが重要です。これにより、面接官に対して自分のキャリアプランの明確さと真剣さを伝えることができます。

経理を目指す上で有利な資格

簿記

経理を目指す上で、日商簿記検定は特に重要な資格です。簿記検定は、企業の収支(お金の出入り)を記録する方法を学ぶ資格で、経理の基礎知識を身につけるために役立ちます。これは、料理で基本的な調理技術を学ぶことに似ています。基本を身につけることで、より複雑な料理にも挑戦できるようになります。同様に、簿記の知識は、経理のさまざまな業務を理解し、効率的にこなすための土台となります。

FP(ファイナンシャルプランナー)

ファイナンシャルプランナー(FP)の資格は、個人や家庭の財務計画を立てるスキルを証明します。経理職では、会社の財務計画に関連する業務も担うため、この資格が有利になります。FPの資格を持つことは、チームスポーツで戦略を立てる能力を持つことに例えられます。どのようにして資金を最適に配分し、長期的な目標を達成するかを考えるスキルが、経理業務にも生かされます。

MOS(マイクロソフト オフィス スペシャリスト)

MOS(マイクロソフト オフィス スペシャリスト)は、Officeソフト(特にExcel)の操作スキルを証明する資格です。経理業務ではExcelを使用する機会が多く、データの分析や報告書の作成に不可欠です。MOS資格を持っていると、これらの作業をより効率的に、正確に行うことができます。これは、日常生活での運転技術に似ています。運転技術があると、スムーズに目的地に到達できるように、MOS資格は経理業務を円

滑に進めるための重要なスキルとなります。

TOEIC(700点以上)

経理の職において、TOEIC 700点以上のスコアは、英語に対する一定の理解があることを示します。特にグローバル企業や外資系企業で働く際には、英語のスキルが求められることが多いです。TOEICの高得点は、海外旅行で基本的な会話ができることに例えられます。言語の壁を乗り越え、国際的な業務環境でも円滑にコミュニケーションが取れる能力を示すため、経理のキャリアにおいて大きなアドバンテージとなります。

これらの資格は、経理の職を目指す上で非常に有効です。それぞれが経理業務における異なる側面をカバーしており、これらを身につけることで、経理の仕事においてより幅広いスキルと知識を持つことができるでしょう。資格を取得することで、経理のキャリアにおいて競争力が高まり、さまざまな職務に対応できるようになります。

経理に役立つ資格については、【経理歴15年社員が紹介】経理未経験でも取得できる!おすすめ経理資格5選!でも紹介しています。

キャリアプランを考える際の落とし穴

全て予定通りにいくとは考えない

キャリアプランを立てる際には、全てが計画通りに進むとは限らないという現実を受け入れることが重要です。これは、長旅に出る際、道中で予期せぬ事態に遭遇する可能性があることに似ています。例えば、市場の変化、個人の生活状況の変化、あるいは予期せぬ機会や挑戦が生じるかもしれません。これらの変化に柔軟に対応することで、予定外の状況でもキャリアの方向性を調整し、成長の機会として捉えることができます。

経理はスペシャリストかゼネラリストかでキャリアが大きく異なる

経理のキャリアには、スペシャリスト(専門家)とゼネラリスト(汎用性のある職員)の二つの道があります。スペシャリストは特定の分野、例えば税務や国際会計に深い知識を持ち、専門的な業務を行います。一方、ゼネラリストは広い範囲の業務に対応し、様々な状況に適応できる能力を持ちます。これは、スポーツで特定のポジションに特化する選手と、多くのポジションをこなせる選手の違いに似ています。自分がどちらのタイプに適しているかを理解し、それに基づいてキャリアプランを考えることが重要です。

経理からのキャリアチェンジも視野に入れる

経理のキャリアを進める中で、キャリアチェンジを考えることも重要です。経理のスキルは他の多くの分野で価値があり、財務、経営企画、コンサルティングなど、他の職種への転職も視野に入れるべきです。これは、料理でいうところの、様々なレシピを学び、異なる料理に挑戦することに似ています。経理の経験は多くの職種で役立つため、キャリアの幅を広げ、新しい可能性を探求することが重要です。

キャリアプランを考える際には、これらの落とし穴を認識し、柔軟に対応することが大切です。計画は常に変化するものであり、新しい機会を受け入れ、自分のキャリアパスを積極的に形成していくことが成功への鍵となります。

経理のキャリアプランに必須なスキル・実績

チャレンジ:経理アシスタント

経理のキャリアをスタートするには、経理アシスタントから始めることが一般的です。この段階では、基本的な会計ソフトの操作、伝票の整理、小口現金の管理など、経理の基本業務を学びます。これは、料理で言うところの、食材の下準備や基本的な調理方法を覚える段階に相当します。この初期段階で身につけたスキルは、経理のキャリア

を進める上での基礎となります。

STEP1:日次業務~月次補助

経理のキャリアにおいて、日次業務の管理は重要なステップです。日次業務には、売上や支出の記録、銀行取引の確認などが含まれます。また、月次補助として、月末に各種財務報告の準備を行います。この段階は、日々の

生活で定期的に家計簿をつけることに似ており、正確性と一貫性が求められます。日次業務の経験は、より複雑な財務処理の基盤となり、精度の高い仕事を行う能力を養います。

STEP2:月次決算に関する一連処理

月次決算は、その月の会社の財務状態をまとめる作業です。これには、収益と支出の確定、在庫の確認、資産や負債の調整などが含まれます。このプロセスは、一冊の本を書き上げることに例えることができます。各章(日々の業務)を書いた後、全体を通して内容を整え、まとめ上げる作業が必要です。月次決算の経験は、経理のキャリアにおいて重要なスキルとなり、会社の財務状態を正確に把握し、報告する能力を養います。

STEP3:年次決算に関する一連処理

年次決算は、1年間の会社の財務状態を総括する業務です。これには収益と費用の最終的な確定、税務申告の準備、財務報告書の作成などが含まれます。年次決算のプロセスは、一年間の成果をまとめ上げ、新しい年の計画を立てるようなものです。この段階での経験は、経理業務の全体像を理解し、より高度な財務分析や戦略的な計画立案に必要なスキルを磨くことにつながります。

経理のキャリアプランにおいて、これらのステップを踏むことで、基本的な業務から複雑な財務処理まで幅広い経験を積むことができます。この経験は、経理の専門家としてのキャリアを構築する上での重要な土台となるでしょう。

経理の経験を活かせるキャリアチェンジ先

公認会計士、税理士

経理の経験を活かして公認会計士や税理士を目指すことは、専門性を更に深める良い選択です。公認会計士は、企業の会計監査や財務アドバイスを行う専門職で、税理士は税に関する専門的な知識を活かして、税務申告や税金に関する相談を行います。これは、医者が専門の分野でさらに高度な技術を習得することに似ており、専門性の高い知識と技術が要求されます。経理の実務経験があれば、これらの分野で求められる実践的な知識を既に一部持っているため、キャリアアップの選択肢として非常に魅力的です。

8-2: 英文経理

経理のスキルに加えて英語能力を持つ場合、英文経理の分野でキャリアチェンジをすることも可能です。英文経理は、国際的な取引の会計処理や英語での財務報告を担当します。これは、旅行ガイドが外国語を学んで、より多くの国の旅行者を案内するようなものです。英語と経理の両方のスキルを持つことで、グローバルな視野で活躍することができます。

8-3: 財務担当、CFO(最高財務責任者)

経理の経験を基に、財務担当や最高財務責任者(

CFO)を目指すことも可能です。財務担当は企業の資金管理や資金調達を行い、CFOは企業の財務戦略を総括する役割を担います。これは、船の船長が航海の計画を立て、船を安全に目的地に導くことに似ています。経理の経験は、財務に関する深い理解と分析能力を提供し、企業の財政的な安定と成長を支える重要な役割を果たします。

8-4: 経営企画、コンサルタント

経理の経験は、経営企画やコンサルタントとしても活かすことができます。経営企画では、企業の戦略立案や事業計画の策定を行い、コンサルタントはさまざまな企業に対して財務や経営に関するアドバイスを提供します。このキャリアチェンジは、教師が管理職や教育コンサルタントになることに似ており、専門知識を活かしてより大きな影響を与えることができます。

8-5: IR(投資家関係)

IR(Investor Relations、投資家関係)は、企業と投資家との間のコミュニケーションを担う職種で、経理の経験が活かせます。IRでは、財務報告の説明、投資家向けの資料作成、投資家とのミーティングの運営などを行います。これは、舞台裏の技術者がプロデューサーやディレクターになるようなもので、裏方から表舞台へと活躍の場を広げることができます。

経理の経験は多方面で活かすことができ、キャリアの選択肢を広げるための貴重な資産となります。これらのキャリアチェンジ先は、経理の知識とスキルをさらに発展させ、新たな分野での成功につながる道となるでしょう。

まとめ:経理のキャリアアップは事前の戦略が重要!


経理は企業の財務を管理し、戦略的な意思決定を支援する重要な役割を担います。このキャリアには、経理アシスタントから始まり、経験を積むことで財務部長やCFO(最高財務責任者)へと進む道があります。また、専門性を高めて公認会計士や税理士になる道もあります。経理のキャリアプランを考える際には、柔軟性と長期的視野が重要です。全てが計画通りに進むとは限らず、市場の変化や個人のライフイベントに対応する必要があります。

経理の基本業務は、収入と支出の記録、財務報告の作成などです。これらのスキルは、簿記検定や英語能力(特にTOEIC)などの資格取得により補強されます。経理の仕事は、日次の業務から年次決算の一連処理まで幅広く、経験を積むことで高度な財務分析や戦略立案に携わることが可能になります。また、英文経理やIR(投資家関係)など、経理の経験を活かせるキャリアチェンジ先も多様です。

重要なポイントを箇条書きにまとめると以下の通りです:

  1. 経理の基本業務:収入・支出の記録、財務報告書の作成。
  2. キャリアパス:経理アシスタントからCFOまで、または公認会計士、税理士への専門職道。
  3. 必須スキル:正確な数値処理、細部への注意、継続的な学習意欲。
  4. 重要な資格:簿記検定、英語能力(特にTOEIC 700点以上)。
  5. キャリアプラン時の注意:柔軟性を持ち、計画通りに進まない可能性を受け入れる。
  6. キャリアチェンジ:英文経理、IRなどへの転職を視野に入れる。

経理のキャリアは多方面に渡るため、キャリアプランは個人の強みや興味に応じて柔軟に構築することが重要です。専門性を高め、常に市場の変化に対応する意欲がキャリアアップの鍵となります。

よくある質問と回答

Q1: 経理でキャリアをスタートするにはどんな資格が必要ですか?

A1: 経理のキャリアを始めるには、特に初級レベルでは資格が必須ではありませんが、日商簿記検定などの基本的な会計知識を証明する資格が役立ちます。中級・上級レベルになると、英語力(TOEICスコアなど)や公認会計士、税理士などの専門資格が求められることが多いです。

Q2: 経理のキャリアパスにはどのようなものがありますか?

A2: 経理のキャリアパスには、経理アシスタントから始まり、経験を積んで経理マネージャー、財務部長、最高財務責任者(CFO)へと進む道があります。また、専門性を高めて公認会計士や税理士になる道もあります。

Q3: 経理のキャリアでスキルアップするにはどうすればいいですか?

A3: 経理のキャリアでスキルアップするには、まず基本業務に精通することが重要です。さらに、継続的な学習を通じて最新の会計基準や税法の知識を身につけ、資格取得を目指すことが有効です。また、英語などの外国語能力を磨くことも、グローバルな視野を持つ経理専門家として重要です。

Q4: 経理職でキャリアチェンジを考える際、どんな選択肢がありますか?

A4: 経理の経験は多様なキャリアチェンジに役立ちます。例えば、英文経理、財務担当、CFO、経営企画、コンサルタント、IR(投資家関係)などの分野で経理のスキルと経験が活かせます。経理の基本スキルは多くの分野で重宝されるため、転職時には幅広い選択肢があります。

Q5: 経理キャリアプランを立てる際の注意点は何ですか?

A5: 経理のキャリアプランを立てる際には、柔軟性と長期的な視野が重要です。すべてが計画通りに進むとは限らないため、市場の変化や個人の状況に適応する能力が必要です。また、自分がスペシャリスト(専門家)になるのか、ゼネラリスト(汎用性のある職員)になるのかを考え、それに合ったスキルと経験を積むことが重要です。