【3ヶ月で合格】独学でMOSマスター!効率的勉強法

この記事には広告を含む場合があります。

【3ヶ月で合格】独学でMOSマスター!効率的勉強法

経理のプロとして、日々の業務における効率化は非常に重要です。この点で、MOS資格は、マイクロソフトオフィスのスキルを証明し、作業効率を飛躍的に向上させる鍵となります。しかし、資格取得のための時間や費用がネックになりがちです。そこで、独学での取得の場合はどのように効率的に進めるかが問題となります。

私自身、経理になってからMOS(Excel)資格を取得しましたが、数多くのデータを扱うため、資格試験で得た知識の価値を実感してきました。この記事では、実際の業務に役立つMOS資格の勉強法を、初心者からでも始めやすい方法でご紹介します。

具体的には、勉強時間の目安や効果的な学習計画、おすすめの学習材料や試験準備のポイントに焦点を当てています。これらの情報を活用することで、読者はMOS資格取得の道筋を明確にし、経理としてもさらに一歩前進することができます。

この記事は独学でMOS資格を取得し、経理の専門性を高めるための実践的なガイドとなるでしょう。資格取得に向けての第一歩を踏み出すための価値ある情報がここには詰まっています。

MOS資格とは?

MOS資格の概要

MOS資格とは、マイクロソフト オフィス スペシャリスト(Microsoft Office Specialist)の略で、世界的に認められているマイクロソフトオフィス製品の使用能力を証明する資格です。この資格は、オフィス業務において非常に重宝され、ビジネスの現場での効率的な文書作成、データ管理、プレゼンテーション作成などに役立ちます。

各種類の資格(Word、Excel、PowerPoint等)とその特徴

MOS資格には、主要なオフィス製品に対応する複数の種類があります。たとえば、「MOS Word」は文書作成ソフトのスキルを、「MOS Excel」は表計算ソフトのスキルを、「MOS PowerPoint」はプレゼンテーションソフトのスキルをそれぞれ証明します。各資格は、そのソフトウェアを使いこなせるかどうかを測るためのもので、ビジネスシーンでの実用的な能力が問われます。経理には主に「MOS Excel」が業務に直結します。

  • MOS Excel← 経理業務に直結
  • MOS Word
  • MOS PowerPoind

資格のレベル:エキスパートとスペシャリスト

MOS資格には、「スペシャリスト」と「エキスパート」という二つのレベルがあります。スペシャリストはそのソフトウェアの基本的な使い方を理解していることを証明するレベルです。一方、エキスパートはより高度な知識と技能が必要で、スペシャリストよりも深い理解と応用能力が求められます。例えば、Excelスペシャリストは基本的な表計算ができることを示し、Excelエキスパートは複雑なデータ分析や関数の使用に関する高度な知識を持っていることを示します。

スペシャリストエキスパート
対象者基本的な使い方を理解深い理解と応用能力
例(Excel)基本的な表計算ができる複雑なデータ分析や関数の知識をもつ

独学でのMOS勉強法

独学に向いている人の特徴

独学でMOS資格を取得するには、ある程度の自己管理能力とモチベーションが必要です。独学に向いている人は、自分で計画を立てて実行することが得意で、目標に向かってコツコツと努力を続けることができる人です。また、疑問があった際に自ら調べて解決できる自主性も重要です。例えば、山登りをする際に自分でルートを計画し、一歩一歩目標に向かって進むのが得意な人は、独学にも向いていると言えます。

独学に向いている人の特徴をまとめると以下の通りです。

  • 自分で計画を立てて実行できる
  • コツコツ努力が継続できる
  • 自分で疑問を調べて解決できる

効率的な学習方法とスケジュールの立て方

効率的な学習方法には、まずは全体の学習計画を立てることが重要です。具体的には、試験日までの期間を見て、毎日または毎週どの程度の時間を勉強に当てるかを逆算します。例えば、3ヶ月後の試験に向けて、毎日2時間の学習を計画するのです。学習内容については、基本的な操作から始め、徐々に応用問題に取り組むことが大切です。また、模擬試験を定期的に行い、実践力を高めることも重要です。

MOSの勉強時間については、MOS合格へ!短期間で効果的な勉強時間の確保法で解説しています。

自分に合ったテキストの選び方

自分に合ったテキストを選ぶ際は、まずは自分の学習スタイルを理解することが大切です。例えば、図やイラストが多い方が理解しやすい人は、ビジュアル重視のテキストを選びましょう。また、具体的な操作方法が詳しく書かれているテキストは、実践的な学習に適しています。

さらに、自分が受験するMOSのバージョンに対応した最新のテキストを選ぶことも重要です。例えば、最新版のExcelを学ぶ場合は、そのバージョンに特化したテキストを選ぶと良いでしょう。

僕のおすすめは、たてばやし淳「エクセル兄さんが教える  世界一わかりやすいMOS教室」です。一冊でMOS(Excel)の分野に必要な知識がわかりやすくまとまっています。

この本を軽く目を通したあと、模擬問題集を解いていく形が効果的です。FOM出版「よくわかるマスター」シリーズがおすすめです。

  1. テキストを軽く読む(スピード優先)
  2. 問題集を解く
  3. 問題を解いた後、必要に応じてテキストを参照する

勉強時間と学習計画

初学者のための勉強時間の目安

MOS資格の独学において、初学者はどのくらいの勉強時間を見積もるべきかが重要なポイントです。一般的に、基礎から学び始める初学者は、試験日までの2~3ヶ月間で、週に15~20時間程度を目安に勉強時間を確保すると良いでしょう。これは、例えば毎日2~3時間勉強するという形になります。勉強時間を確保することは、まるでマラソンのトレーニングのようなもので、コツコツと継続することが成功の鍵です。

効果的な学習計画の例

効果的な学習計画を立てるには、まず目標とする試験の日程を確定し、そこから逆算して学習スケジュールを組み立てます。例えば、試験日が3ヶ月後であれば、初月は基本操作の習得、2ヶ月目は応用操作の練習、最終月は模擬試験と復習に重点を置くなど、段階的に学習内容を深めていく計画が有効です。計画を実践するために各ステップごとに何をいつまでに終えるかを明確にすることで、効率的な学習が可能になります。

  1. 基本操作
  2. 応用操作
  3. 模試、復習

おすすめのテキストと問題集

MOS資格の勉強には、適切なテキストと問題集の選択が不可欠です。良いテキストは、初心者でも理解しやすい言葉で基本操作を丁寧に説明しており、豊富な図解や例を用いてポイントを分かりやすく示しています。問題集は、実際の試験形式に近い問題を多く含んでおり、反復練習によって試験での対応力を高めるのに役立ちます。例えば、料理のレシピ本を選ぶ時に詳しい説明と写真があるものを選ぶのと同じで、わかりやすく実践的な内容のものを選びましょう。

ぼくのおすすめは、先ほども紹介した「エクセル兄さんが教える 世界一わかりやすいMOS教室」(たてばやし淳)です。一冊でMOSの試験範囲を網羅していて、非常にわかりやすいです。

ただ、すでに実務でかなりExcelを使用している方は、最初から模擬問題集を解いたうえで、間違えた部分のテキストを参照するのが効率的です。

勉強に役立つ資料とツール

オンラインリソースと無料教材

オンライン上には、MOS資格取得のための様々なリソースや無料教材が存在します。これには、基本的な操作方法から応用技術までをカバーするビデオチュートリアル、オンラインフォーラム、ブログ、無料の模擬試験などが含まれます。これらのリソースを活用することで、学習の幅が広がります。

僕のおすすめは、【経理にExcelは必須】Mos試験合格にはUdemyのエクセル兄さんの講座が最適!で解説しています。先ほどのセクションで紹介した書籍の著者が、Udemyで行っている講座をおすすめしています。不定期で大幅な割引セールを行っているので、ぜひチェックしてみてください。

また、独学をしてみて厳しい、と感じた方については、資格の大原もMOS講座を開講しています。通信講座は先ほどのUdemyがおすすめですが、もし通学して網羅的に学びたい方にはおすすめです。

資格の大原

模擬試験の活用法

模擬試験を活用することは、MOS資格の学習において非常に重要です。模擬試験を行うことで、実際の試験環境に近い形で知識を試すことができ、どの分野が得意でどの分野が苦手かを明確に把握することができます。また、時間管理の練習にもなります。

  • 試験環境の操作に慣れる
  • 今後克服するべき苦手分野が把握できる

僕自身、勉強したうえで問題集をPCにダウンロードして解いてみたのですが、うまく操作ができず戸惑ったことが多々ありました。ぜひ本番前に操作を確認しておくことをおすすめします。

試験の準備と受験方法

試験内容と出題範囲

MOS試験では、選択したMicrosoft Office製品(Word、Excel、PowerPointなど)の実践的な操作能力が試されます。試験内容は、基本的な文書作成や表計算、プレゼンテーションの作成など、実際のビジネスシーンで使用される機能が中心です。出題範囲を知ることは、家を建てる際に必要な材料を知ることに似ており、何を学ぶべきかを明確にすることが成功への第一歩です。

試験の申し込み方法と受験日の選び方

MOS試験の申し込みは、主にオンラインで行います。公式ウェブサイトから試験センターを選び、希望する試験日と時間を指定して登録します。受験日は、学習計画に沿って自分にとって最適な時期を選びましょう。

試験当日の注意点と心構え

試験当日は、身分証明書や受験票を忘れずに持参し、時間に余裕を持って試験会場に到着しましょう。試験中は、落ち着いて問題に取り組み、わからない問題には時間をかけすぎず次に進むことが大切です。試験の心構えは、スポーツの試合に出る前の準備と似ており、リラックスして自分の実力を発揮することが重要です。

独学の際の注意点と克服方法

独学のメリットとデメリット

独学には多くのメリットがあります。最大のメリットは、自分のペースで学習を進められることです。時間や場所の制限が少なく、自分に合った学習スタイルで効率的に進めることができます。一方で、デメリットとしては、自己管理が難しい点や、わからない問題に直面した際に解決策を見つけにくいことが挙げられます。独学の場合は自分で方向を決め進む自由さがある反面、迷った時に自分で解決策を見つけなければなりません。

学習中に直面する可能性のある問題と解決策

独学中に直面する可能性のある問題は、理解できない内容に遭遇することやモチベーションの低下です。これらの問題に対する解決策としては、まず理解できない内容については、オンラインフォーラムや勉強会を利用して他の学習者や専門家からアドバイスを求めることが有効です。

また、モチベーションを保つためには、小さな目標を定めて達成感を感じることや、勉強の進捗を友人や家族と共有することが助けになります。進歩を感じることでやる気を維持できます。

独学でMOS取得を行うために

独学によるMOS資格取得への道のり

独学でMOS資格を取得する道のりは、一つの大きな旅のようなものです。最初は基本的な操作から始め、徐々に複雑な機能や応用技術を学んでいきます。この過程では、自分自身で学習計画を立て、定期的に進捗を確認しながら、目標に向かって前進することが求められます。

時には理解できない部分に直面するかもしれませんが、それを乗り越えることで、より深い知識と技能が身に付きます。

独学の成功へのアドバイス

独学での成功にはいくつかの鍵があります。まず、自分自身の学習スタイルを理解し、それに合った学習方法を見つけることが重要です。例えば、視覚的な学習が得意ならビデオ教材を、実践的な学習が好きなら模擬試験を多用するなどです。また、定期的な自己評価を行い、進捗状況をチェックすることも大切です。

これは、長距離ランニングで定期的にペースを確認するようなもので、自分が正しい道を進んでいるかを知る手段となります。最後に、困難に直面した時は諦めず、必要であれば他者から助けを求めることも大切です。成功への道は一人で進むものではなく、時には他者の支援を受けることが、目標達成への近道となります。

まとめ

MOS資格の独学は、自分のペースで学べるという大きな利点があります。しかし、効率的な学習のためには自己管理が欠かせません。初心者は、基本操作から応用技術まで段階的に学び、週に15~20時間の学習時間を確保することが望ましいです。おすすめのテキストや問題集、オンラインリソースの活用は知識の幅を広げ、模擬試験は試験対策に効果的です。

試験に向けては、試験内容と出題範囲を把握し、申し込み方法や試験日の選定、試験当日の心構えを整えることが重要です。独学の際は、目標設定と定期的な自己評価を忘れずに。経理のプロとしてのキャリアアップを目指すなら、今すぐMOS資格の独学に挑戦してみませんか?

重要な部分は以下の通りです。

  • 基本操作から応用技術まで段階的に学ぶ
  • 週に15~20時間の学習時間を確保
  • おすすめのテキスト、問題集、オンラインリソースの活用
  • 模擬試験での試験対策
  • 試験内容と出題範囲の把握、申し込み方法と試験日の選定
  • 模擬試験での試験対策
  • 目標設定と定期的な自己評価

よくある質問

Q1. MOS資格の取得にはどれくらいの時間がかかりますか?

A1. 一般的に、初学者であれば約2~3ヶ月の学習期間を想定します。毎日2~3時間の勉強が理想的です。ただし、個人の学習速度や既存のスキルによって異なります。

Q2. 独学でMOS資格を取得するために必要なものは何ですか?

A2. 主には、対応するMicrosoft Officeソフトウェア、適切な学習教材(テキストや問題集)、そしてインターネット接続があれば、オンラインリソースや模擬試験も利用できます。

Q3. MOS資格の試験はどのような形式ですか?

A3. MOS試験は、実際のMicrosoft Officeソフトウェアを使用して行われる実技試験です。特定のタスクを完了することで、ソフトウェアの操作能力を評価します。

Q4. 試験の申し込み方法はどうすれば良いですか?

A4. MOS試験の申し込みは、主にオンラインで行われます。マイクロソフトの公式ウェブサイトや認定試験センターのウェブサイトから申し込むことができます。

Q5. MOS資格取得後のメリットは何ですか?

A5. MOS資格を取得すると、Microsoft Officeソフトウェアの高度なスキルを証明できます。これにより、職場での効率化、キャリアアップ、就職・転職時のアピールポイントとなるなど、様々なメリットがあります。