【経理業務に役立つ】MOS通信講座の選び方と学習のコツ

この記事には広告を含む場合があります。

【経理業務に役立つ】MOS通信講座の選び方と学習のコツ

経理の仕事は細かい数字の管理から効率的なデータ処理まで、幅広いスキルが求められます。この業務を効率化し、さらにキャリアアップを図るためには、Microsoft Officeのスキルが不可欠です。しかし、多忙な日々の中で新たなスキルを学ぶのは容易ではありません。ここでMOS通信講座が役立ちます。経理にとっても、MOS資格は、ExcelなどのOfficeアプリケーションを高度に使いこなす能力を証明するものです。僕自身、経理として働く中で「Excel作業の操作が遅い」と悩んでいました。しかしMOS試験の学習からショートカットキー等、Excelのスキルを磨くことで、従来かかる時間の半分程度で同じ資料を作成できるようになりました。

この記事では、通信講座の選び方、学習計画の立て方、実務での活用方法など、実際の業務に即した具体的な指針を提供します。読者は、この資格を通じて経理業務の効率化を実現し、キャリアアップの道を拓くことができます。

最終的に、MOS資格はただの資格ではなく、経理のプロとしての地位を確立するための重要なステップであるということを、この記事を通じて理解いただけるでしょう。

MOS通信講座の基本

通信講座のメリットとデメリット

MOS通信講座は、自宅でMicrosoft Officeのスキルを身につけるための講座です。通信講座の大きなメリットは、自分のペースで学習できることです。例えば、忙しい社会人や学生でも、自由な時間を利用して学習が進められます。また、交通費や時間の節約も大きな利点です。

  • 自由な時間を使用できる
  • 交通費や通学時間の節約ができる

例えば、夜遅くや休日に少しずつ学習することができるため、日々の生活リズムを崩さずにスキルアップが可能です。しかし、デメリットとしては、自己管理が必要となります。学習スケジュールを自分で管理しなければならないため、計画的に学習を進める自己管理能力が求められます。

  • スケジュールの自己管理が必要
  • 不明点も自分で解消する必要がある

通信講座と通学講座の違い

通信講座と通学講座は、学習の進め方に大きな違いがあります。通信講座は自宅学習が中心で、自分の都合に合わせて学習できます。一方、通学講座は、定められた場所と時間に通って学ぶスタイルです。

たとえば、通学講座の場合は、毎週水曜日の夜に教室に行って授業を受けるというような固定スケジュールがあります。これに対して通信講座では、同じ水曜日でも朝でも夜でも、または全く違う日に学習を進める柔軟性があります。

自分の学習スタイルや生活リズムに合わせて、どちらの講座形態を選ぶかを検討することが重要です。例えば、ルーティンを持ってコンスタントに学びたい人は通学講座、自由度を重視する人は通信講座が適しています。

クロマル
クロマル

社会人にはスキマ時間で学習できる通信講座がおすすめ!

初心者が選ぶべきMOS通信講座の選び方

MOS講座を選択する際、以下の点を順番に考慮していくことが重要です。

  • 受講料が適正価格か
  • サポート体制の充実
  • 教材とカリキュラムの充実

受講料の適正価格

MOS通信講座を選ぶ際、受講料の適正価格を理解することは重要です。価格が高すぎる講座は予算的な負担が大きく、逆に安すぎる講座は質が低い可能性があります。適正な価格の講座は、コストパフォーマンスが良く、必要な学習内容をしっかりと提供してくれます。受講を検討する際は、複数の講座を比較し、価格と提供される内容のバランスを考えて選ぶことが大切です。

サポート体制の充実

サポート体制の充実は、MOS通信講座選びにおいて非常に重要です。質の高いサポート体制があると、学習中に疑問が生じたときにすぐに解決できます。また、モチベーションの維持や学習計画の立案にも役立ちます。

例えば、進捗状況を定期的にチェックしてくれる講師のサポートがあると、学習が停滞しにくくなります。自分一人で学習する場合、モチベーションの維持が難しいこともありますが、サポートがあると安心です。講座を選ぶ際には、サポートの内容や体制を確認し、自分の学習スタイルに合った講座を選ぶことが重要です。

教材とカリキュラムの充実

教材の質とカリキュラムの充実度も、MOS通信講座選びの重要なポイントです。質の高い教材と充実したカリキュラムは、効果的に学習を進めるために必要です。特に初心者にとって、わかりやすく体系的に構成された教材は学習効率を大きく向上させます。

良い教材は、初心者が理解しやすいように基本から応用まで段階的に学べる構成になっています。例えば、初めはOfficeの基本操作から始め、徐々に複雑な機能の使用方法を学ぶようなカリキュラムです。講座を選ぶ際には、教材のサンプルを確認したり、カリキュラムの内容を詳しく見たりすることで、自分に合った講座を見つけることができます。

おすすめのMOS通信講座

初心者に適した通信講座

初心者に特におすすめのMOS通信講座を紹介します。通信講座をおすすめするのは、時間を選ばず学習できるからです。カリキュラムが初心者向けに設計されている、サポート体制が充実している、使いやすい教材を提供している講座が適しています。

僕のおすすめは、【経理にExcelは必須】Mos試験合格にはUdemyのエクセル兄さんの講座が最適!で詳細解説しています。

自分の学習スタイルや目的に合った講座を選んでください。

講座の特徴と選ばれる理由

たとえば、「Udemy」は通信講座で安価であり、自分のペースで学習できる特徴があります。これは、基本的な操作から始めて徐々に応用技術に進む構成のため、初心者でも無理なく学べる点が選ばれる理由です。一方、「資格の大原」は、専門学校を運営している大原だけあって実務に直結する実践的な内容が充実しており、通学での講座と併用したい方や、実務での活用を考えている人に適しています。

自分が何を学びたいのか、どのような学習スタイルを望むのかを考え、それに合った講座を選ぶことが大切です。

MOS取得に向けた学習計画

効果的な学習計画の立て方

MOS取得に向けての学習計画は、目標達成のためのロードマップとなり、効率的な学習を実現するために重要です。計画があると、何をいつまでに学ぶかが明確になり、学習の進行がスムーズになります。例えば、MOS試験までに2ヶ月ある場合、最初の1ヶ月は基本操作の習得に、残り1ヶ月は応用技術の学習と過去問題の解決に充てるなど、段階を踏んだ計画を立てます。

まずは全体の学習期間を決め、その期間を基本と応用、復習などのフェーズに分けることがおすすめです。それぞれのフェーズで何を学ぶかをリストアップし、進捗を確認しながら学習を進めていきます。

スケジュール管理のコツ

スケジュール管理を行うことで、学習に必要な時間を確保し、効率的に学習を進めることができます。また、遅れを感じることなく安心して学習を続けられます。例として、毎日決まった時間に学習する「ルーティン化」は非常に有効です。仕事が終わった後の1時間や、毎朝の30分など、一定の時間を学習に充てることで、自然と学習習慣が身につきます。

自分の生活リズムに合わせた学習時間を設定し、それを守るための工夫をすることが大切です。例えば、スマートフォンのリマインダー機能を使って学習時間を通知するなど、工夫を凝らしましょう。

試験対策と学習のコツ

MOS試験の内容と対策方法

MOS試験の内容を把握し、効果的な対策方法を知ることが重要です。MOS試験はMicrosoft Officeの各アプリケーション(Word、Excelなど)に関する知識とスキルを評価します。試験の内容を正確に理解することで、効率的に学習を進めることができます。

たとえば、Excelの試験では、基本的な数式の入力やデータの整理、グラフの作成などが問われます。これらのスキルを習得するためには、実際にExcelを操作しながら学習することが有効です。

試験の範囲を確認し、それに合わせて計画的に学習することが大切です。実際に試験のような形式で練習問題を解くこともおすすめします。

学習効率を高めるコツ

学習効率を高めるためのコツを掴むことが、MOS試験の成功につながります。学習効率が高まると、短時間でより多くの内容を身につけることができ、試験準備がスムーズになります。

繰り返し学習することが効果的です。例えば、一度習った内容を何度も復習することで、記憶に定着しやすくなります。また、実際にPCを使って実践的な操作を行うことも大切です。これは、スポーツで言うところの実戦練習のようなものです。

毎日一定時間を確保して学習することが大切です。短時間でも良いので、毎日コンスタントに学習を行い、知識とスキルを徐々に積み重ねていくことが推奨されます。

MOS取得後の活用方法

MOS資格を活かしたキャリアプランの例

MOS資格を取得した後、それをキャリア形成に活かす方法を考えることが大切です。MOS資格は、Microsoft Officeの熟練度を証明するものであり、多くの職種で求められるスキルです。この資格を生かしてキャリアアップを図ることが可能です。

例えば、経理のような事務職や管理職では、Excelでのデータ分析や報告書の作成能力が求められます。MOS資格を持つことで、これらの作業を効率的に行えるため、昇進や昇給の可能性が高まります。

自分の職業や興味に合わせて、MOS資格が役立つ分野を探し、それをキャリアアップの一環として位置づけることがおすすめです。

実務での利用シーン

MOS資格取得後、実務での様々なシーンでスキルを活用することができます。実務でのMicrosoft Officeの使用は非常に多岐にわたり、MOS資格を持っていると作業効率が大幅に向上します。

たとえば、Excelでは複雑なデータ集計や分析、Wordではプロフェッショナルな文書作成、PowerPointでは効果的なプレゼンテーション資料の作成など、幅広い場面でスキルが役立ちます。経理では特にExcelのスキルが重宝されます。

MOS資格を取得した後は、実際に職場や日常業務で積極的にOfficeを使用することで、習得したスキルを定着させ、さらに発展させていくことが大切です。

まとめ

MOS通信講座は、経理のプロとしてのスキルを高めるための効果的な学習手段です。通信講座のメリットは自宅学習の自由度とコスト効率の良さ。特に経理業務では、Excelの高度なデータ処理能力が必要とされるため、MOS資格は実務能力の証明に直結します。

適切な講座選びのポイントは受講料の適正性、サポート体制の充実度、教材の質です。学習計画を立て、スケジュール管理に励むことで、効率的に試験対策が可能です。試験後は、資格を活かしたキャリアアップや業務効率化が期待できます。経理のプロフェッショナルとしてキャリアをさらに発展させるために、今すぐ最適なMOS通信講座を選んで、学習を始めましょう。

重要なポイントは以下の通りです。

  • 自宅で学習できる通信講座の利点。
  • 経理業務におけるExcelスキルの重要性
  • 適切な講座選び
  • 効率的な学習計画とスケジュール管理
  • 資格取得後のキャリアアップと実務での活用

よくある質問とその回答

Q1:MOS資格の学習に必要な期間はどのくらいですか?

A1:これは個人の学習ペースや既存のスキルにより異なります。一般的には、週に数時間を数ヶ月間続けることで、基本的なスキルは身に付きます。しかし、より高度なスキルを身に付けたい場合や、一から学ぶ場合は、それ以上の時間を要することがあります。

Q2:MOS資格は実際の仕事で役立ちますか?

A2:特に事務職や分析職など、Microsoft Officeを日常的に使用する職種では、MOS資格が作業の効率化や専門性を示す証となり得ます。資格を持っていると、職場での信頼度が高まり、キャリアアップにもつながりやすくなります。

Q3:MOS試験の難易度は高いですか?

A3:MOS試験の難易度は、取得を目指すOfficeのアプリケーションと受験者の基礎知識によって異なります。基本的な操作に慣れていれば、試験は比較的に理解しやすいです。しかし、アプリケーションによっては高度な機能の理解が必要となるため、試験前にしっかりと対策をすることが重要です。